ホトトギス作業帳パン農ブログ  十足のわらじはこちら *リンク先、直しました*

2008年10月31日

作業進んでます

あれやこれやで忙しい日々が続いていますが、おかげさまで作業は進んでいます。
週末のイベントはしご、京橋朝市から食と農まつりの仕込みで普段よりも大変なんですが、強力な助っ人がいるおかげで仕込みなどしながらナスのペースト作ったり、カレーパン用のかぼちゃカレー(カレーしばらく切らしてました)も作れたし、外仕事のほうも水曜日には香り米と赤米を脱穀して、サツマイモも収穫できて、そばまで刈れました。
やっぱり他の人がいると楽しいし、気合いも入って作業もはかどります。倍疲れるけど...

パン屋ではのぼり効果があったからどうかは分かりませんが、今週はなんか天気が寒いのですがぼちぼち売れてます。新作も出したし。超おすすめのぱりぱりオニオンピザってやつ。パルミジャーノがたまらんです。それからビニールハウスのおかげで、イタリヤナスやバジルの収穫も続いていて、カルツォーネの具にも当分は困らなさそうだし。あとはイベント終わってから通販開始!と行きたいところです(がどうなるやら)。

ウーフのほうは、今来ている子が来週の火曜日までいて、その後すぐにまた次の人がやってきます。気がついたらもう11月だし。寒くなってきたし薪割りとかやってもらおうかな〜


posted by pototokitu at 21:27| 岡山 ☁| Comment(3) | 日常の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

稲刈りもあとちょい

ウーフで来たお手伝いにもかなり助けられ、メインの朝日米が刈れ
ました。
雨が続いてだいぶ遅れてしまって、さわるともう粒がぽろぽろとれ
るくらいだったので、朝露がまだ残っているくらいから始めたので
すが、えらい大変でした。いやー湿ってるとすぐ切れるんです、バ
インダーのヒモって。脱粒もかなり多くて、バインダーで刈ってる
と籾が飛び散らかって当たるくらいで、ヒモが切れての結束ミスも
連発。地面もかなりゆるいところがあり、足下とられるし、かなり
怖い顔をしながらの作業だったかも...

この田んぼはレンゲ緑肥で代掻きのあとに高低をなおしたために、
緑肥がかなり片寄ってしまい、もともと低かったところには大量の
緑肥が動かされてすんごいできになり、高かったところは逆に肥え
た土がほとんどなくて真っ黄色。それでももとから低かったところ
はやはり水はけも悪いので、ぐちょぐちょの上に大きな稲株ができ
てて倒れているという状況で、どろんこになりながら手で刈りまし
た。籾がまだ緑だったりしたし、食べられるのかどうかも分からな
いのに。黄色いところは株の背も低いし粒もあまりついていないの
で、はさかけしても先っちょが軽いのですごくバランス悪くてかけ
ている竹からくるっと回って落ちそうになったり。

しかも途中でバインダーの調子も悪くなってきて、エンジンが今に
も止まりそうになって、最後はもうひやひや。キャブかプラグか何
かと思うけど詳しくは分からないし、田んぼの中で修理となっても
面倒。10年以上もつかってなかったのをもらってきて今年で3年
目。最初にキャブの掃除をして動くようになったのを何とかここま
で使ってきたけれど、なにぶん古いもんなので心配といえば心配で
す。一応ここまで刈れて、あとは最後の緑米のみになったのでなん
とかもってほしい!頼んまっせ〜


DSC_6900.jpg

刈ってる途中の様子。一段あがった右の奥の茶色っぽいのはそ
ば。こっちも刈らねば...
左下は緑米。これで最後。

DSC_6985.jpg

左はウーフで手伝いに来てくれてるまゆちゃん。
と稲の下でくつろぐ田んぼ大好きのやまちゃん。

DSC_7004.jpg

終わったところ。夕方になりました。やれやれ。

DSC_7013.jpg

今朝の朝日はきれいでした。寒かった。8度くらい?
奥が朝日米で、手前にかかってるのは先週刈った赤米です。これを
脱穀してから緑米刈ります。同じ竹を使おうという魂胆。
posted by pototokitu at 21:21| 岡山 ☀| Comment(0) | 百姓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

WWOOF1号が来てます

ホスト登録したことは書きましたが、早速問い合わせが何件もあり、昨日大阪から女の子が一人来てまして、これから1週間ちょいの滞在予定です。今日は稲刈り!の予定だったのが、またまた雨が降りまして、ハウスの中であれこれ作業。バジルも沢山収穫して、おかげさまでバジルソースたっぷりできました。

明日晴れるようなので稲刈りがんばる予定ですが、パン屋のほうもちょっと手伝ってもらえそうです。なんでもパン教室の講師をやってたり、長野のペンションで石窯の係をやってたりだとか。

来週末は恒例の京橋朝市のあとになんともう一つイベントがあって超大忙しになりそう。パンも多分今までで一番沢山焼けるだけ焼いていくつもりなので、助っ人参上で心強いです。

今回のイベントは岡山のエコウェーブ主催の年に一度の食と農まつりという有機農家や自然食品店などが勢揃いする集まりで、うちも今年から参加、パン屋も他に数軒でるようだし、弁当や味噌などいろいろあってすごく楽しみです。11月2日の日曜日、朝11時〜15時で桑野の岡山ふれあいセンターで開催されます。朝市の直後なんで長い一日になりそうですが、はりきっていきまっせ〜
posted by pototokitu at 21:24| 岡山 ☁| Comment(0) | 日常の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

パンまつり初日

秋になったら新作を沢山だそうと意気込んでいたのですが、ここ最近は不思議なほど客足がなくて、セモリナパンもカボチャパイも作る気が失せてしまってます。夏に収穫したカボチャをコンテナに保存していたのがだいぶ腐ってしまっていたのを発見したのもちょっとがっくり。今日も金曜朝のお手伝いの人に来てもらってるのに、大した仕事もないような感じで、逆に申し訳ない...朝市で売りすぎた?
コタンへの配達もだいぶ量が減ってきてる感じだし、前から問い合わせがあったパンの宅配便も未だに立ち上げられずにいます。これは多分11月からできそうな感じですが、実は先月末も同じことを言っていたような。

最近ビニールハウスも建てたし、小麦栽培とか農業のほうに意識がいってしまっているのもあるかもしれないけれど、もうちょっとパン屋のほうも力をいれていかねば。といいつつ、年末になったら餅つきやろうとか、野菜販売を再開しようというような話題が多いのですが。

まあパン屋のほうは全体的にはかなり順調ですが、これから焼く量も増やしていこうと思っていただけにちょっともどかしい...応援してくれるお客さんが多いだけに、期待に応えたいという気持ちも大きかったり。

で、パンまつりですが、あぜ道にはいる曲がり角の入り口のところにのぼりたてました。ただそんだけです。
曲がるところが分かりにくい!と何度もお客さんに言われていたので、パッと目につくのぼりをたてることにしまして、その一つが「パンまつり」。「パンの日」とどっちにしようか迷ったのですが、楽しそうな「まつり」のほうにしました。
のぼりってやっぱり目立ちますね。ド田舎が急に小田舎になった感じです。
ただ...
散歩に連れてったブレアがちょっとびびってます(笑)
旗がゆれるのが怖いのかなんなのか。
posted by pototokitu at 21:20| 岡山 | Comment(2) | 日常の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

赤米も刈り終わりました

DSC_6604.jpg

パンの配達前にばたばたと作業。
実は刈るのは結構早くて30分で終わり。こっちはきれいにまっすぐ植
わってるので楽勝です。
このあとのはさかけ作業が大変なのです。藁がお肌にちくちくするし。

DSC_6646.jpg

ちゃんとやってるかどうかやまちゃんが見回りに来ます。結局配達
前には終わらず、かえってから暗い中なんとか全部かけ終わりました。

赤米は穂が垂れ下がって地面につきそうだった去年に比べてやっぱ
り束も細いし、実も入ってない感じです。束を持ってもなんか軽い
感じがします。

やっぱり古代米と一口にいっても肥料の要求分量が違うということ
なのでしょうか。香り米は結果的に少なかった今年のほうがいい感
じだし、黒米はもっと少なくてもよいのかもしれない。赤米と緑米
は結構多肥のがしっかり実がつくような気がします。同じ田んぼに
まとめて植えてしまうのはダメということか。これをちゃんと来年
にいかせればいいのだけれど。
posted by pototokitu at 22:56| 岡山 | Comment(0) | 百姓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

ハーベスタで脱穀作業

先週刈った黒米が茶色くなってきたので、ハーベスタ出してきて脱穀しました。
一応夏にライ麦を脱穀するのにつかったのですが、お米はまだつかったことないし、ちゃんとできるか心配だったのですが、まったく問題なし。植え付け面積も少なかったのであっという間に終わりました。

去年はコンバインを借りてきて脱穀作業をやったのですが、ハーベスタは脱穀専用の機械なのでやっぱり能率がいいです。穗木にかかっている稲束をとってから機械に入るまでにおけるような台もついてるし、レバーをちょっと引くだけで前に進んでいくし、コンバインの時は少し進むにもいちいち運転席に座って動かさなければならなかったのを思うと、やっぱり専用の機械はよいです。かな〜り古い機械で、エンジンかけるのも手で回すタイプですが、ディーゼルエンジンは耐久性も抜群だしバッテリーもいらないし、これからも活躍してくれそうです。

脱穀した黒米は唐箕で選別して、ハウスの中に設置した平型乾燥機に入れて送風して乾燥させます。普通は乾燥機は熱風乾燥ですが、せっかく天日干しだし燃料代もバカにならないのでとりあえずは自然乾燥でやってみます。
posted by pototokitu at 21:44| 岡山 ☀| Comment(0) | 百姓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

小麦栽培も

どうもパンの話題が少ないですが、今日はちょっとは関連してます。自給パン屋の路線をどんどこ突っ走っている計画なので。

山崎さんが有機栽培していたミナミノカオリというパン用小麦なんですが、新しく田んぼまた借りたのがありましてですね、今年からうちでも栽培してみることにしました。

6畝ちょいの田んぼですが、今年でやめるという人がいるという話を聞いて、即断。とりあえず来年小豆を作ろうかなとは考えていたのですが、さて冬にはどうしようかと考えた結果、野菜だとちゃんとしたものが作れるかどうかも、いざ出来たとしてもさばけるかどうかも自信がないので、それならパン屋で使う小麦を作ったろうと思いたち、早速これから準備にかかるところです。

えーと、聞いたところでは小麦は多分1反あたり5俵くらいとれたらいいという感じで、粉にするとその7−8割、となると140kgくらいの粉ができることになります。年間平均すると1週間3kg弱か。今使っている石臼全粒粉の何割かくらいはまかなえることになりそうです。電動石臼も買わないとね。5俵の小麦じゃなかなか元はとれそうにないですが。うまくできれば面積増やしていきたい気持ちもあるし、とりあえずはこれくらいから始めようかと思います。

ちなみに山崎さんのほうでは1町くらい小麦を作付けする予定らしくて、そうすっと単純計算で3tの小麦。こっちのほうのはうちで粒を買い入れて委託製粉に出す方向でいこうと思っていますが、値段のほうがまた恐ろしいことになりそうなんです。ほぼ利益なしの原価でみてもkg5−600円かかるとか...食パン400円でぎりぎり作れそうな感じですが、これからどうしようか非常に悩むところです。野菜とちがって地元産で無農薬だからといってびっくりするほどおいしくなるわけでもないし、生産規模が小さいので粉の品質が安定せずにかえってパンが作りにくくなるという可能性もあります。食糧危機だのなんだの言われてきているので、自給できるものをつかっているのはいいことだとは思うけれど、そのせいでパン屋経営圧迫してしまったら元も子もないし...

自家栽培の小麦のほうは、まずは極力コストを抑えて、今あるボロのトラクター、バインダー、ハーベスタ、平型乾燥機などを有効に使えれば、金銭的負担はそう重くはなさそうな感じです。肥料も鶏糞をどかどかっと入れて次作の豆は無肥料でいけば安上がりだし、除草も手押しの除草機と管理機を組み合わせてやれば、省力かつ低コストの有機栽培ができそう...というか出来たらいいなというもくろみです。

心配なのは梅雨時にあたる刈り取り時の天気と高温多湿による病気ですが、果たしてどうなるかは来年夏のお楽しみですな。

...ところで今年収穫したライ麦なんですが、なんと虫わいちゃってました。小豆のあとに蒔こうかと思ってたのに。ほぼ全滅の様子で、どうしたものか。ライ麦の種は緑肥用品種として結構いろんな種類が売られているみたいですが、パンになるかどうかは不明。どうしようかこれからまた考えます。
posted by pototokitu at 22:35| 岡山 | Comment(0) | パン屋の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

WWOOFホストになりました

ちょっとお知らせです。
WWOOF(Willing Workers On Organic Farm)って聞いたことのある人
もいるかもしれませんが、ホストの登録しました。
平たく言うと食事と寝泊まりするところあげるから農作業やってく
ださいというボランティア制度なんですが、基本的には、常に人手
が足りない有機農家を手伝いながら有機農業学ぶ意欲のある人が応
援する仕組みです。世界各国で広がっていてビンボー旅行をかねて
あちこちの国にいってその地域で交流したりする人もいるような楽
しいものなんですが、日本でも個性的なホストが増えていっている
ようです。
興味のある方はWWOOF ジャパンのページ覗いてみてくださ
い。メンバー登録できます。


うちはまあパン屋が本業、ということにはなっているのですが、農
業部門のほうも広げていこうという計画なので、ホストとして登録
してみました。あわよくば来週くらいから稲刈り手伝ってくれる人
が来ないかなという魂胆ですが、薪割りなど家のまわりの雑用作業
も多いし、昔の農家の日本家屋での生活といった文化的な側面もあ
るし、海外から来る人も楽しんで過ごせるような場所かなと思います。

ウーフジャパンのページにもあるかもしれませんが、単に労働と
3食寝泊まりだけでなく、双方からそれ以上の何かプラスアルファ、
お互いにとってためになるようなものを交換することが重要で、こ
ういう一見価値を計るのが難しいようなものに重きをおくという考
えは非常におもしろいです。

パン屋でも、単にパンと代金を交換するだけでなく、パンを買う行
為、パンを売る行為までも楽しめるようにしようというのは、日頃
から思っていることで、実際にパンを買いに来るお客さんでもせっ
かくうちまでやってくるのだからといろいろ雑談したり、田んぼや
ミツバチを見に行ったりする人も多いし、パンを焼いている自分た
ちもそうやってお客さんが楽しまれている様子が分かるのがまた楽
しかったりします。パンを渡してお金をもらってハイそれだけ、っ
ていうのは確かに経済行動的に見ればそれしかないけれど、実際は
それだけではなくて、お金が動かないところで本当に価値のあるこ
とが動いている、そんな気がします。

というかパン焼いてパン売ってるんだけど、本当はパンを通して他
の人とあれこれ交流するのが一番楽しいし、これがお店をやってい
る本当の目的なのかなと思ったりもします。別にパンなんてどうで
もいい、人と人との交流の道具にすぎない、とまで言う気はありま
せんが、よくよく考えると何が目的で何が手段なのかとか分からな
くなってきたり...

話がこんがらがる前に整理しますと、つまりこのWWOOFという
有機農家ボランティアの仕組みも、メインの労働<>食事寝泊まり
だけでなくて、それ以外のプラスアルファ、といっても実際具体的
に何なのかはまだ分かりませんが、とにかくそれがすごく楽しみなんです。

どんな人が来るのかな〜わくわく。

募集中でっせ〜

DSC_6513.jpg

ついでに写真も。
天日干し中の香り米、丈が長いので地面につきそうです。

DSC_6516.jpg

ハウスの中で乾燥中の胡麻。これからだんだん茶色くなってきます。

DSC_6521.jpg

こっちはエゴマ。去年は外で乾かしていたので、この状態で雨に
降られたりして(上からシートで覆いましたが)大変でした。ハウ
スの中は夜露もあたらないし、空気は乾いてるし早速活躍してま
す。が、このまんまは何も植えられません。レタスとか春菊とかい
ろいろ植える予定なんですが...
左の赤っぽいのはアワで、こっちもそろそろ刈り時。
posted by pototokitu at 21:36| 岡山 ☀| Comment(0) | 日常の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

香り米刈りました

DSC_6489.jpg

稲刈り2回目は香り米。
バインダー押してるところの写真とってもらいました。一条ずつ
刈ったのが自動でひもにくくられて束になります。手で刈るのと比
べてとんでもないほど速いです。コンバインと比べるととんでもな
く遅いですが。1.5aほどかな?はさかけ作業も含めて
2、3時間といったところ。途中切れたヒモがつまってだいぶ
手間取りましたが、これがなければもっと速かったかも。バイン
ダーで刈るのは小さい田んぼでは楽勝ですが、1反以上とか面
積増えてからが大変そうです。稲刈りチームを結成せねば。
これから次に隣の赤米、裏の田んぼの赤米がもうすぐで、それから
朝日米、最後に緑米。あと3回あります。
その間に多分そば刈りも。
盛りだくさんです。
この香り米は結構よくできてました。一株はそれほど大きくないの
にすごい大きな穂がついていて倒れそうになってたので、背丈も高
いし、刈るのも大変でした。

DSC_6490.jpg

売り場にちょこんと座ってるやまちゃん。
まだまだ大きくなってるような感じがします。招き猫といい勝負か?
拾ってからもうすぐ4ヶ月ですが、まだなんとか子猫っぽい。
posted by pototokitu at 22:32| 岡山 ☀| Comment(0) | 百姓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

黒ごまとエゴマ刈りました

朝晩だいぶ冷えてきました。昨日も今日も朝は8度。
お風呂が恋しいです。家においてあった、ふる〜い杉の樽風呂をつ
かっているのですが、底のすきまから漏るので直さないといけませ
ん。一昨年は古いTシャツで、去年はゴムヒモでなんとか止
まったのですが、今年はコーキングで楽して直す予定です。
あと何年持つか...かなり小さいけれど木の手触りが気持ちいい
し、容量が少ない分追い炊きできなくても熱湯を足せばすぐにあっ
たまるので気に入っています。本当は底が五右衛門風呂の鉄釜でわ
かせるようになっていて、その上に木のフタをおいて入るものなの
ですが、下の釜の部分が割れてしまったので、木のフタを底にして
つかっています。
夏場はカビが生えたり腐りが進むのが怖いので使わないことにして
縁側においてあって、どうせ暑いからシャワーで十分なのですが、
これから冷えてくるとやっぱりお風呂に入りたい。今日も結構寒
かったです。

DSC_6345.jpg

黒ごま刈ってるところ。葉っぱが落ちてさやがまだ緑のうちに刈ります。
茶色くなってはじけてしまうと、刈ったときに胡麻がぼろぼろ落ち
るので、その前に刈って、乾くまでハウスの中に立てかけておきます。
乾くとさやが自然に開くので、逆さにしてたたくと結構簡単に胡麻
がでてきます。
黒ごまは畝一つだけ、荷車に一山だけなのであっというまに終わり
ました。

DSC_6375.jpg

こっちはエゴマ。これから刈るところ。
真ん中の緑のは...ジャガイモです。夏にエゴマの苗がだいぶ枯
れたので畝が一つイモになりました。
エゴマは胡麻よりももっと実が落ちやすいのでこれも早めに刈りま
す。まだ葉っぱがありますが、たたくともう実がでてきます。これ
以上乾いて葉っぱが落ちて茶色くなると、ちょっと動かすだけでも
実が落ちます。あまり刈り時の融通が利かないのが大変です。
予報では明日雨のようなので、今日全部刈り終えてやれやれです。
エゴマもハウスの中に運んで、ブルーシートの上で乾燥させています。

どちらも7月に入ってから種まきしたもので結構遅めですが、今ま
で植えた感じだと、早いと虫の害が多いし雑草の管理も大変だとい
うことが分かって、早いほうが沢山収量もあるのかと思ったけれ
ど、あんまり変わらないようだし、こうなりました。

残りは稲刈りとそば刈り。
先週末は近所は稲刈り真っ最中だったようで、稲刈りに忙しいの
か、新米がおいしいのか、パンの売れ行きが...
なにも一週間で半分にならなくてもと思うのですが。
posted by pototokitu at 23:49| 岡山 | Comment(0) | 百姓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

帰ってきました

週末は古い親友の結婚式でちょっと遠出してましたが、2日酔いに
も負けず無事に帰ってきました。
新幹線、速っ!
長らくあっていないやつらも多くて半分同窓会みたいな集まりでし
たが、ブログ見てる人も結構いてまして、やまちゃん元気〜みたい
な感じで。あってないのに知られている。ちょっと不思議です。
ブログって書いてるほうはただキーボードに向かって一人で書くだ
けなのたまにコメントがついたりする程度なので、すべて仮想世界
で完結してしまっているような気になってしまうけれど、書いてい
る内容は普通に実生活のことだし、読んでいる人も自分と同じ現実
世界を共有しているので、その中でブログという仮想世界にふれる
ことがあるのは、別段おかしなことではないけれど、なんだか仮想
と現実が混ざり合ってしまったような奇妙な感じを受けますね。現
実の自分とブログの自分の分裂症になったりして?

そんでもって今回の同窓会結婚式、細かな内容は個人的なことなの
で省くとしても、同じ空気を持った昔の仲間と会えるというのは
やっぱり気持ちのいいことです。スタンドバイミーじゃないけど、
これから先、同じような仲間は一生できないんだろうかなと思う
と、彼らに会ったこと自体、奇跡的のように思えてきます。みんな
もう生活はバラバラだし、数年に一度会うか会わないかといった感
じだけど、まあみんなちゃんと(?)やっているようなので、とり
あえずほっとしました。おまえに言われたかないよと言われそうで
すが、やっぱり昔の仲間が今どうしてるかとかは気になるもんだ
し、心配になったりしますからね。

肝心の宴会のほうも、某彼女募集中君の降臨により奇跡的な盛り上
がりを見せ、おかげでエライ飲みました。やれやれ。

DSC_6334.jpg DSC_5913.jpg
posted by pototokitu at 23:49| 岡山 | Comment(3) | 日常の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

黒米は刈りました、の写真

DSC_4624.jpg

見て分かるとおり黒米はちょろっとだけです。 全体の1割も
ありません。
稲株もあまり大きくならなかったので束の数も少ないです。早く終
わったから楽だったけど。

DSC_4633.jpg

木の足を組んで、その上に竹を渡して、稲の束をかけます。
この足はありがたいことに近くの人にもらいました。松がよいそう
ですが、もう最近はほとんど生えてないみたいです。
以前はこのあたりも松ばっかりだったらしいですが。
昔は松林の下草を刈るときに小さい松の木を間引くので、それを足
につかってたそうですが、山の下草も刈らなくなったし、松も枯れ
てしまったので、今はちょうど使えるような木がないそうです。細
くて長くて枝がなくて丈夫という木はなかなかないもんなのですね。
そんなわけで昔使ってて今も納屋にしまってあるものしかないわけ
で、実は非常に貴重なものだったりします。
雨にぬれると腐りやすいよと教えてくれました。大事に使わねば。
上にかける竹はもういくらでもありますが、竹を足にすると縄でく
くっても滑りやすいので使いにくいらしいです。となるとこれがな
くなったらイボ竹とか?

ところで今日のお店はいったいどうしたの?と思うほどヒマでし
た。先週ほぼ売り切れになってしまったので、少し焼く分量を増や
したのに...こんなに少ないのはずいぶん久しぶりかと思って帳
簿見てみたら9月も1回ありました。
売上は怖くて書けません(笑)
一応5桁ですが...
posted by pototokitu at 21:44| 岡山 ☀| Comment(2) | 百姓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

とりあえず黒米は刈りました

去年のできが悪くてひょっとしたらこの地域にはあっていないのか
という疑惑があり(病気によわい)一番少ない面積を植えたのが黒
米でしたが、今日刈りました。
が、写真とるの忘れた...

週末の雨でだいぶたまった水もほとんどひいたのですが、奥の方は
まだぐちょぐちょで、どろんこの稲刈りでした。足をとられて歩き
にくいし、長靴にも泥はいるしで大変だったものの、もう穂が茶
色っぽくなっており、ここで刈らないと粒が落ちてしまいます。な
のでなんとか刈れて一安心。

バインダーの調子もまあまあよくて、ヒモがちゃんとくくるかどう
か心配でしたが、大丈夫でした。夏にライ麦刈ったときはくくれて
なくて束がばらばらになってしまったのが何個もありましたが、新
しいヒモにしたのがよかったみたいです。古いやつは切れやすくな
るからよくないそうで...1巻1000円もしないもんだし、毎
年ちゃんと買うべし。

次はパン屋の前の田んぼの香り米を刈るのが多分日曜か月曜くらい
です。分けつが少なくて穂の数は少ないけれどすんごいごっつい穂
がついていて、いまにも倒れそうです。天候のせいか今年はあちこ
ちで稲が倒れてるみたいです。稲刈り予定は赤米がその次の週、朝
日米がその次で、最後が緑米になるような感じです。どれも穂が熟
す時期が違うのでだらだら稲刈りです。刈ったやつはホギにかけて
天日干しして、乾いてきたらこれも数週間にわたってだらだら脱穀
作業となります。夏につかったハーベスター、一応また動作確認せねば。

DSC_4620.jpg


稲刈りの写真はないので、田んぼの見回りをしているやまちゃん。
posted by pototokitu at 21:41| 岡山 | Comment(2) | 百姓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

ハウスの中

DSC_4470.jpg

できたてほやほやのビニールハウス、中の片付け始めました。冬野
菜などの苗を動かして、じょうろや肥料も中に入れました。
雨が降ってもこれで安心。まだビニールもパイプもぴかぴかで気持
ちいいです。そのうちあせてきたり虫の死骸がついたりして汚く
なってくるのでしょうが。

中の様子ですが、畝が横向きになってます。
理由は植えたときはハウス建てるつもりじゃなかったから(笑)
建てる前にだいぶ野菜をぬきました。右の側面は畝を半分に割るよ
うな感じになってしまったし。
なので真ん中のネギなんかは右側のほうまでハウスの外にもでてい
ます。写真でもなんとなく分かるでしょうか。
その奥が赤紫蘇と青紫蘇。この写真とったあとに紫蘇の実をとって
から刈りました。佃煮と塩漬けにします。
紫蘇のむこうにはバジルと人参が植わっていて、これも右のほうは
ハウスの外にもあります。
一番奥の左側はとうもろこし。これは新作のカルツォーネのカレー
パンの具になります。トマトとコーンとピーマンのカレー。
それから奥の右の赤っぽいのが雑穀のアワです。雑穀パン?それか
お餅かな。

ハウスの中はこれから冬場はミズナやレタスなどの葉物を中心に植
えて、来年の計画はこれから立てます。トマト、ナス、ピーマン、
きゅうりの夏野菜をしっかりと長期栽培できるように勉強します。
今までもおいしいのはざっくざくと採れていたのですが、如何せん
細かな世話ができておらず、2週間沢山とれたら次の2週間はあん
まりなかったりなど、長期間安定した収穫にはほど遠い感じでし
た。家で食べるだけではこれでも十分ですが、やっぱりパン屋でも
野菜も出したいし。

DSC_4562.jpg

こっちは古代米の緑米。草がすんごいでたところで、かなり貧弱な
できです。
緑米だけど穂は黒です。収穫は一番遅くて多分10月末くらい。

10月は稲刈りのほかに、そば、胡麻、アワ、エゴマと刈るものが
多くてあわただしいです。あとイモ堀りか。
雑穀類は刈り時を逃してしまうと種がはじけて落ちてしまうので時
期が近づいてきたらいつでも刈れるような準備をしておかなければ
なりません。今年はハウスがあるので、刈ったものは全部ハウスの
中で乾燥する予定です。全部入るだろうか...
posted by pototokitu at 22:38| 岡山 | Comment(0) | 百姓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

ずいぶん降りました

朝市の途中からかなり降り出して、ひょっとしたら田植え終わって
から一番降ったんじゃないかというくらい降りました。なんでここ
に来てから降るかな、雨。おかげで田んぼにだいぶ水がたまりまし
た。夏のあいだはずっと水が少なくて困ってたくらいなのに...

黒米はもう刈り時、香り米もかなりかがんできているので刈りたい
のですが、 とても田んぼに入れる状態ではありません。天気
予報では一応降水確率は低い日が続いているので乾いてくれればよ
いのですが、明日明後日がダメなら木曜からまたパン焼きです。バ
インダーで刈りながら米がざらざら落ちるなんてことにならなけれ
ばよいのですが。ハゼかけの時にも米が落ちるし...
かといって田んぼがどろんこ状態で刈ってしまうと、稲の束が(も
ちろん穂も)泥だらけになってしまいます。
お願いだから晴れてくれー

DSC_4552.jpg

この写真は朝日米で、稲刈りはあと2週間くらいか?イノシシが来
た上に肥えが効きすぎていて倒れています。ヒエだけしっかり立っ
てますが...左上のほうは黄色くてこっちはすかすかです。
写真でちょうど家の真下くらいの位置はイノシシが入った跡で穴に
なってます。なんとも盛りだくさんな田んぼです。

こうも肥えがまだらになってしまった理由は今は分かっているので
すが、田植え前に気づかなかったのが悔しいです。
この田んぼは冬に緑肥のレンゲを蒔いたところで、生育もほぼ均一
だったために元肥は入っていません。ただ代掻きの後にだいぶ高低
差があったので、高いところから低いところへと土を動かしまし
た。大変だったけど田んぼ中レーキで押して歩いて...
結構高さに差があったので場所によってはかなりの量の土を動かし
たわけで、もちろん緑肥も一緒に動かしてしまってます。
つまり代掻き前に高かったところは緑肥をすべてさらってしまった
ために今は真っ黄色で、低かったところは大量の緑肥を持って行っ
てしまったので全部倒れている...とまあこういうわけです。
しかしおかげでいい勉強にはなりました。高低差直しは肥えを入れ
る前にやること!緑肥の場合も同じこと!

DSC_4566.jpg

こっちは刈り時の黒米。ちりちりになっているのはイノシシが食べ
た跡です。
あんまりできがよくないなと思っていたのですが、去年よりは良さ
そうです。明日か明後日刈れるといいけれど。

DSC_4450.jpg

香り米。だいぶいい色になりました。籾は茶色ですが中のお米は普
通の餅米のような感じです。

DSC_4534.jpg

やまちゃんと一緒に菜の花の植え付け。何本か座られました。
昨日の雨でぐちょぐちょになっていて、そこらじゅうやまちゃんの
足跡が...

DSC_4553.jpg

畝の間は田植えができそうな感じになってます。ここは一番奥の畑
で、日当たりが悪いので冬の間の生育がどうなるかわかりません
が、とにかく気持ちのいい場所です。葉物を沢山植えました。右奥
の白と赤に見えるのはそばです。そばの花はずいぶん長い間咲き続
けます。匂いもそれなりに長い間...
posted by pototokitu at 23:08| 岡山 ☀| Comment(0) | 百姓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

キンモクセイ

昨日くらいからどうも覚えのある匂いがしてるなーと思っていたらキンモクセイのつぼみでした。オレンジの花がつけばすぐ分かるのですが、つぼみは緑っぽかったのですぐには気づかなかった。木の近くにいるときでなくて、家のほうでもふわーっと匂いがただよってきたりするので、あれ?なんだろう?と思う程度でしたが、これから花も咲いてきたら匂いも強くなるのでしょうか。
花びらをホワイトリカーにつければキンモクセイ酒なんてのもできるみたいで、前に知り合いからもらったのを飲んでみたらおいしかった!暇があれば作ってみたいような...

隣の田んぼでは稲刈りも始まって、乾いた藁の匂いとキンモクセイの香りがあわさって何とも言えない秋の空気を感じました。今日もよく晴れて気持ちのよさそうな天気でしたが、朝から晩までずーーーっとパン小屋にこもって作業続けてさっき終わったところです。
エライ分量焼いてしまいました。やればできるもんだ。
明日の朝市、天気がちょっと心配ですが、全国朝市でにぎわうようなので楽しみです。
しっかりクーラーボックスも積みました。
どんな店がくるのかな〜
posted by pototokitu at 00:23| 岡山 | Comment(2) | 日常の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

全国朝市

あさっての京橋朝市、なんでも全国有名朝市といってエライにぎわうらしいです。
10月は毎年恒例らしいんですが、県外からもいろいろお店がやってきて、観光バスも入ったりして、いつもの何倍の人出だとか。

ここ最近朝市ではちょうど売り切れといった感じなのですが、いったいどれだけ焼いていけばよいのか。聞いてみると、とにかくすんごいくるからいつもの倍くらい持ってきな!という意見もあれば、いやいや人は多いけど県外の有名朝市のお店が目当ての人が多いからそれほどバカ売れってこともないという見方もあり、ひょっとしたら県外から他のパン屋が来てたりすることもあるのかも..などとあれこれ考えた結果、まあ2,3割くらい増やすのは可能だからとにかく焼いてみようということになりました。

そんなわけで明日の午後の焼き上げスケジュールもみっちり立てて、明日の分の仕込みも終わらせ、明日の夕方焼く分の仕込みの準備もやって、あとは何か忘れてないかどうかそれだけが気がかりです。

実は今日もうっかり粉を切らしてしまい、配達のついでに卸先の倉庫までとりに行ってきたところだし(在庫1袋だけありました)、シナモンロールのシナモンも切れてて今週の分は間に合わないのでコタンで14g(明日とあさっての分)だけ量り買いしてきたところだし、これだけ今日のうちにやっておけば明日は大丈夫だろうとは思うのですが、明日になってみて、やや、これを忘れていた、なんてのはよくあることです。まあフォカッチャを焼く直前になって畑にバジルをとりに行ったりぐらいなら問題ないのですが、さすがに粉を切らしてしまったらパンにならないので。

ちなみに計算してみたら明日の午後に仕込むチャバッタ・フォカッチャの生地は21kgありました...(2回に分けて捏ねますが)
今日買ってきた粉もひょっとしたら明日でなくなるかも...
posted by pototokitu at 23:04| 岡山 ☁| Comment(0) | パン屋の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

セモリナ粉

DSC_4413.jpg

イタリアのある地方ではセモリナ粉だけで作るパンがあるというの
を知って、前から作ってみたかったセモリナパンですが、粉を入手
したので試作1号作りました。 普通のセモリナ粉はパスタ用
に製粉してあるので粒子が粗いのですがこれはパン用セモリナ粉な
ので細かいです。色が黄色いのはやっぱりセモリナですが。写真の
パンも黄色いですが、写真が黄色いのではなくてパンもちゃんと黄
色いです。

卸先に粉のサンプルを頼んだのですが、日清製粉のイチオシ製品の
セモリナ粉!みたいな勢いのパンフレットが一緒についてきまし
た。ひょっとしてこれからの流行なのかも?レシピも数種類ありま
したが、あくまで参考用。こっちはこれからレシピ開発します。
今回のはオリーブオイルを多めに使ったシンプルなサンドイッチ用
のパンで、しっとり柔らかでオリーブオイルの風味が加わって独特
の感じです。ハムとチーズをはさんで食べたらおいしそう。砂糖は
極少量入ってますが、乳製品はなし。ちょっと牛乳いれたらもっと
しっとり感がでそうな感じもしますが。生イースト使いましたが、
ドライイーストのほうが合うような気がしないでもない。発酵種
使ってぱりっとハードトースト風に焼くのもよいかも。うんうん。
こうやって作りたいパンのイメージを作っていくのが大事です。
パン屋をやって一番楽しいと思えるときでもあります。
作りたいパンのイメージができてきたら、あとはそれに向かってい
くにはどうするか。このあたりは経験がないと難しいのでいつも苦
戦しています。だいたい出来たパンが勝手な方向に向かっていって
しまうので、自分のイメージもそれに合わせていって適当なところ
で納得します。最後の微調整ができないのでどうしてもぼんやりし
たイメージになってしまいます。なので80点を超えるパンは今は
まだ作れません。
食べておいしければいいじゃないか、それももっともではあるので
すが、まだまだパンを作っているのではなくてパンに作られている
ような居心地の悪さを感じたりします。
しかもこれはイメージ通りに作れる技術があっての話でもあり、百
点満点の技術があっても80点のパンしか作れないということは、
70点の技術だったら...

...パン売れなくなると困るのでこの辺でやめとこうかな。

いや、パンおいしいですよ。ホントはおいしいんだってば(と墓穴
をほる)。

まあいいです。どうせご飯人間だし(オイ)
posted by pototokitu at 22:54| 岡山 ☀| Comment(2) | パン屋の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

パンヤモービル登場

ビニールハウスやらで出費が激しいこの頃ですが、どうもこういう
のは重なるようでして。

じゃ〜〜〜ん

DSC_4392.jpg

我が家に3台目の車、パンヤモービルがやってきました。
ぴっかぴかのこいつは近所でタバコ屋兼自力整体道場兼車屋をやっ
ている人が、先週「こんなの見つけたけど、どうや〜」と見せにき
てくれました。軽トラに荷台の幌(屋根)をつけてあります。第一
印象は、オホッ!ウホホッ!かっちょえ〜〜見た目新車同然だし、
今もう車2台あるし、いつかは欲しいけど今はムリかなと思ってい
たら値段きいてびっくり。うちのオンボロワゴンRと変わらん
ではないですか〜
距離はかなり走ってるけど(12万キロ)それでもワゴンRよ
りホンダ軽トラより少ないです(気がついたけど3台あわせて40
万キロ近いです。すごい..)
悩むこと数時間。というか悩んだフリして数時間。ほぼ即断しました。
こういうのはある時に買わないとなかなか出てこないですからね。

それにしてもすんごくきれいで、荷台の中もぴかぴか。幌もしっか
りしており、見た感じ車のボディと同じような強度がありそうで
す。荷台の容量もかなりありそうです。配達に使っているばんじゅ
う・コンテナが広げて9枚も入ります。ワゴンRの3倍はゆう
に入るでしょう。両側にスライドのドアがあって、後ろは両開きの
ドア。これで朝市もばっちり。テントにテーブルにあれこれ積んで
いけます。

DSC_4394.jpg

せっかく車があるので、配達だけでなくてこれで移動販売なんかも
できそうな感じです。配達を増やすのもありえるし。とりあえずは
すでにコタンに配達もある火曜日がいい日かな?どこで売るか。ど
うやって売るか。パンだけでなく野菜とかお米も積んでいって売っ
たりできるかも。これからまたじっくり計画を立てます。移動販売
となると同じ場所に同じ時間に毎週通わなければならないので、最
初が肝心です。
あまり時間ばかりかかって売れなかったりすると他の作業に支障が
でてくるし、それに最初はあんまり売れないだろうし。
時間をどうするか。やっぱり本格的にスタッフ募集しようかな?
移動パン屋、興味のあるかた、いますか〜?(<−募集のつもり)

しかしこれでついに所有車台数>住人という楽しい由々しき事態と
なってしまいました。
数えたらこれでうちにあるエンジン機械は12台目です。
何と何と何と何と何と何と何と何と何と何と何と何でしょう〜
posted by pototokitu at 22:44| 岡山 ☀| Comment(4) | パン屋の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。