ホトトギス作業帳パン農ブログ  十足のわらじはこちら *リンク先、直しました*

2008年10月08日

とりあえず黒米は刈りました

去年のできが悪くてひょっとしたらこの地域にはあっていないのか
という疑惑があり(病気によわい)一番少ない面積を植えたのが黒
米でしたが、今日刈りました。
が、写真とるの忘れた...

週末の雨でだいぶたまった水もほとんどひいたのですが、奥の方は
まだぐちょぐちょで、どろんこの稲刈りでした。足をとられて歩き
にくいし、長靴にも泥はいるしで大変だったものの、もう穂が茶
色っぽくなっており、ここで刈らないと粒が落ちてしまいます。な
のでなんとか刈れて一安心。

バインダーの調子もまあまあよくて、ヒモがちゃんとくくるかどう
か心配でしたが、大丈夫でした。夏にライ麦刈ったときはくくれて
なくて束がばらばらになってしまったのが何個もありましたが、新
しいヒモにしたのがよかったみたいです。古いやつは切れやすくな
るからよくないそうで...1巻1000円もしないもんだし、毎
年ちゃんと買うべし。

次はパン屋の前の田んぼの香り米を刈るのが多分日曜か月曜くらい
です。分けつが少なくて穂の数は少ないけれどすんごいごっつい穂
がついていて、いまにも倒れそうです。天候のせいか今年はあちこ
ちで稲が倒れてるみたいです。稲刈り予定は赤米がその次の週、朝
日米がその次で、最後が緑米になるような感じです。どれも穂が熟
す時期が違うのでだらだら稲刈りです。刈ったやつはホギにかけて
天日干しして、乾いてきたらこれも数週間にわたってだらだら脱穀
作業となります。夏につかったハーベスター、一応また動作確認せねば。

DSC_4620.jpg


稲刈りの写真はないので、田んぼの見回りをしているやまちゃん。


posted by pototokitu at 21:41| 岡山 | Comment(2) | 百姓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。