ホトトギス作業帳パン農ブログ  十足のわらじはこちら *リンク先、直しました*

2008年10月20日

ハーベスタで脱穀作業

先週刈った黒米が茶色くなってきたので、ハーベスタ出してきて脱穀しました。
一応夏にライ麦を脱穀するのにつかったのですが、お米はまだつかったことないし、ちゃんとできるか心配だったのですが、まったく問題なし。植え付け面積も少なかったのであっという間に終わりました。

去年はコンバインを借りてきて脱穀作業をやったのですが、ハーベスタは脱穀専用の機械なのでやっぱり能率がいいです。穗木にかかっている稲束をとってから機械に入るまでにおけるような台もついてるし、レバーをちょっと引くだけで前に進んでいくし、コンバインの時は少し進むにもいちいち運転席に座って動かさなければならなかったのを思うと、やっぱり専用の機械はよいです。かな〜り古い機械で、エンジンかけるのも手で回すタイプですが、ディーゼルエンジンは耐久性も抜群だしバッテリーもいらないし、これからも活躍してくれそうです。

脱穀した黒米は唐箕で選別して、ハウスの中に設置した平型乾燥機に入れて送風して乾燥させます。普通は乾燥機は熱風乾燥ですが、せっかく天日干しだし燃料代もバカにならないのでとりあえずは自然乾燥でやってみます。


posted by pototokitu at 21:44| 岡山 ☀| Comment(0) | 百姓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。