ホトトギス作業帳パン農ブログ  十足のわらじはこちら *リンク先、直しました*

2009年01月29日

だるまできましたが

さて一応煙突の工事もばばっと終わらせて(といってもまだ補強が必要で台風が来たら飛びそうです。来なくても飛ぶかも)、今日の開店の前に初めて火を入れてみました。

さすがのだるまストーブ!あったかいし、煙もでないし、薪の燃え具合も完璧。すばらしい。

なんていうつづきが来るかと予想していた読者は一人もいないかと思われますが、ここは皆様の期待を裏切らないよう、いつもの調子でだるまのお話を続けようかと思います。

まず気になる足なんですが、耐火セメントは加熱されないと完全硬化しないという注意書きを読んだ上に、さわるとなんとなくたよりないような気がするので、下には一応仮の足(あまりの木片)を噛ませてあり、だるま自体が軽いこともあり、燃えている最中に大地震でも来ない限りは大丈夫かと思われます。

それでちょろっと薪を入れて火をつけたんですが、火はちゃんとつきました。煙突もちゃんと機能しているようです。中から部屋に煙りがもれることも(ほぼ)ありません。が、ここでまず格安鋳物製品のおなじみの光景に遭遇することになります。
詳しくは知らないのですが、安いやつはサビ防止の目的なのか、ワックスのようなものでコーティングされているのです。で、これを最初に洗って落とすなんてことはまず無理なので、燃やすわけですが、部屋の中に設置したあとで、だるまストーブ全体からもうもうと煙がでてくるわけです。見かけ、だるまが燃えているような感じです。この煙自体は数分か10分くらいでおさまるのですが、とにかく煙がすごいし臭いので引き戸を全開にします。そういえば設置は簡易小屋や車庫、物置などにすることと書いてあったような気がしますが。
寒い...
外はー3度といったところでしょうか。ストーブつける前のが寒くなかったです。

煙がおさまったので、引き戸を閉じて、気をとりなおして薪を再度投入します。長すぎて入らないのが半分くらいあるのですが、短いのを選んでぼんぼん入れました。よく燃えるのでやっぱり気持ちイイ!だんだん部屋も暖まってきたし、さてパンの作業を始めようかと厨房に入りました。
30分後くらいでしょうか。様子を見に行くと、何かおかしい。
だるまストーブ、黒いはずなんですが、なぜか茶色い部分があります。ナンデ?
熱くなりすぎたのか、黒の塗料が燃えたのか?焦げた??
調子に乗って薪を入れすぎたか。
まあこういうこともあろうかと予備の耐熱黒スプレー塗料を購入しておいたからよかったものの、早速使う羽目になるとは思いもしませんでした。実際に使うのは来年の冬直前になるかと思いますが...
実用上に支障はなさそうなのであまり気にはしないことにします。


posted by pototokitu at 21:54| 岡山 ☁| Comment(0) | 大工仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

去年の小豆の脱穀

古い話になりますが、去年の小豆の脱穀がやっとこさ終わりました。
金曜土曜とパン屋のお手伝いに来てくれているあやこさんですが、時間のあるときは畑や田んぼの手伝いもどうかなという話になり、収穫物との交換でいろいろやることになって、今日(土曜日)はとにかく寒かったのでハウスの中で小豆の脱穀をしてみた...というわけです。
11月に刈ってから莢に入ったままハウスの中であちらこちらと動かされつつ少しずつ豆の姿に変わっていった小豆ですが、やっと脱穀終わったのでこれでなんとかハウスのなかもきれいにできそうです。というかきれいにできる状態ができつつあります。
脱穀した小豆は一応篩にかけて大きなゴミはとれたのであとは唐箕選別して、虫食いやかびたのを取り除くだけです。といってもこれがまた時間かかるのですが...
来年はあんぱん用小豆自給に向けて沢山植える予定なので、収穫以降の作業をなんとかしたいです。目標90kgにしました。30kgx3袋。去年は多分15kg以下だろうから6倍以上です。他に大豆も沢山植えたいし、脱穀作業、農協で機械を借りられるという話も聞きましたが...どうなんだろう。
それにしてもたった半日手伝ってもらっただけでも、溜まっていた作業リストの一つが消せてかなりすっきりした気分です。同時に緑大豆も終わったし(こっちはちょろっとなので全部種になりますが)。これから春に向けていろいろ忙しくなってくると思うので、なんか毎週楽しみです。
posted by pototokitu at 21:19| 岡山 ☁| Comment(0) | 百姓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

だるまストーブ設置

一応置くには置いたのですが...
まだ使えません。
格安新品だるまストーブ、さっそく足が壊れたやつですが、おととい耐火セメントで足をつけたけど、気温が低いせいかなかなか硬化しない。半日たってさわってみたら動いてしまいやりなおしのはめに。
耐火セメント乾くまで逆さまにそのあと一日たったところで、木を下において一応設置場所に動かしました。こうしないと煙突の長さや位置がはかれません。ストーブの下はどうしようか迷ったのですが、夏場にはとりはずしできるようにしたいので、杉板の床の上に石板を並べただけの簡単仕様にすることに決定。
煙突は最初は窓から出そうかなと思っていたのですが、そうするとストーブの位置が入り口に近くなるし、煙突の出るところも低くなるので、予定変更して壁に穴開けて上のほうから出すことにしました。
ドリルで穴開けてからヤフオクで1000円で買ったジグソーを使って煙突の直径よりも大きめに穴を開けてからステンレスの眼鏡板を張ります。それから高さを測ってちょうどいい長さに煙突を切ります。
そうこうしてたら雨が降ってきて、結局煙突は内側だけで終わり。
あとは外壁を張って穴をあけて煙突を通してから煙突保持金具で支えて完成となります。
が、明日中には...どうだか。なんか予報では週末からかなり冷え込むらしいし。
でもとりあえず売り場の中から見るだけでは完成したのと同じで、雰囲気だけはでてきました。煙突が外にでてないので火をつけたら屋根が燃えちゃいますが。
posted by pototokitu at 21:39| 岡山 ☔| Comment(2) | パン屋の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

倉敷朝市いってきました

報告忘れてました。
先週の日曜日、倉敷の朝市に行ってみました。もちろん下見。
お店は木金土の3日だけ営業、京橋朝市は毎月第1日曜だけなので、他の日曜日も使えるかなと思い、毎月第3日曜にやっている倉敷朝市を考えてみようというわけです。
ホームページ見たら正式には「くらしき朝市 三斎市」みたいですね。江戸時代から賑わっていたなんて書いてあります。

で、日曜の朝は、出がけにばたばたしていて、着いたらもう終わり直前の11時前だったけれど、まだまだ人が沢山いてびっくり。商店街のアーケードでやっているので人通りも多くて、延べ人数は時間が長いというか遅いので、京橋の朝市より多そうです。お店も結構でてます。
出店内容は似たような感じだけど、野菜や海鮮物よりもお餅とかが多かったかな?京橋の朝市で見かけるお店もいくらかでてました(肉まん買った)。遅かったので空のブースもありましたが、パン屋はなし。せんべい屋もなし(なんのこっちゃ)。
客層はなんとなく違うような気もしますが、雰囲気的にはパン屋も何軒かあってもおかしくないような感じで、出店してみようかなという気になってきました。
ちょっと遠いのが難点ですが、行きは山陽道にのってしまえばかなり楽できそうだし、始まる時間が遅いので朝は楽勝です。京橋で鍛えられました。
この朝市で良さそうだと思ったのはアーケードなのでテントがいらないこと!これはイイ!寒風吹いて手が凍えたり、雨でパンが濡れそうになったり、直射日光で袋の中のパンが汗かいたりと、過酷な条件がそろいにそろっている京橋と比べてなんて気持ち良さそうなんでしょうか。
岡山のてかてかした田舎っぽさとはひと味違った倉敷っぽさとでもいうのか微妙にシックな雰囲気もまたいいです(なんだそりゃ)。
来月はどうなるか分かりませんが、特に問題がなければ3月からは倉敷にも参加ってことになるかもです。
春からは くらしきにも行く ホトトギス〜
posted by pototokitu at 23:16| 岡山 | Comment(2) | パン屋の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

ハウスの野菜

最近はあんまり畑の作業する時間もないのでかなりいいかげんになってますが、それでもハウスに植えた葉物が結構元気で、ビニールハウスの効果に改めてびっくりです。外に植えてあるものはもう凍って固くてちりちりになってるのがほとんどですが、ハウスの中のサラダ菜なんかは柔らかくて大きくてあま〜い。
今植えてあるのは、リーフレタス、水菜、壬生菜、チンゲンサイ、タアサイ、ルッコラ、うまい菜、ビタミン菜、ケール、春菊、ほうれん草、コーラビ。このほかハウスの中には夏場に植えた長ネギと下仁田ネギがあり、カブとゴボウのタネも蒔いたし、レッドオニオン、春キャベツ、サヤエンドウなんかも植えてみました。
サラダを食べて思ったのですが、県南など温暖な地方はともかく、うちくらい冷えると真冬の葉物野菜は外と中ではやっぱり比べものになりません。ビニールハウスの中でも夜はもちろん氷点下になり、野菜の種類によっては凍ってやられてしまうものもありますが、日中は閉め切っていると入っていられないほど暑くなります。こんなに変化があって大丈夫なのかと思うほどでしたが、この寒暖の差が実は野菜にはいいんじゃないかとも感じています。
人間だって常に寒ければ参ってしまうし、かといっていつもエアコンに暖房で24度の部屋で過ごしていたら、体が弱ってしまい気温の変化に耐えられなくなる。パンにしても室温で発酵させ、低温で発酵を遅くして、それから高温でふくらませれば、ずーっと室温のみで発酵させたものより深みのある味になる。野菜にも生育適温というものがありますが、白菜やネギは霜にあたってからのほうがおいしい(甘くなる)とは昔から言われているし、夏野菜の苗なんかもある程度低温にさらされて育てたもののほうががっちりと育つということも読んだことがあります。理想的な環境というのはなんなのか、いろいろ考えさせられます。それから理想的な環境で育った食物を食べる(食べ続ける)ことは果たして理想なのか、とかね。
ビニールハウスにしても加温されているものなら、細かな温度調節も可能でさらに適した環境にとコントロールすることができるようになるし、ライトをつければ太陽光ですら補える。水分は潅水装置で自在に調節、土壌だって堆肥なり微生物なり化学肥料なり好きなものを使って最適な状況を作り出す。少しでもその植物にそぐわない状況があれば改善しない理由はない。
で、これを発展させれば究極の合成食物工場になってしまうのか。あくまで自然がお手本ではあるけれど、自然という概念すら無意味になってしまうような気もするけれど。

...またくだらない話がでてしまった。
posted by pototokitu at 22:01| 岡山 ☀| Comment(0) | 百姓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

パン屋再開しました

書くの忘れてましたが、今年のパン屋も昨日の木曜から再開しました。
休みを2週間とってまあ多少は休めたので気分一新で再出発できましたが、休みの間はいつもより時間があるので、この際だから作業を進めようよ〜という声と、でもゆっくりできるのも今のうちだし〜という声が両方聞こえてきており、板挟みになってどうしようかこうしようか思っているうちに休みが終わってしまった、そんな感じです...

それから報告があります。
今朝はすんごい寒くてー8度でした。じゃなかった。
今日が初日だったんですが、新しいパン屋スタッフに来てくれる人が決まりまして。京都の某繁盛ケーキ屋パン部門で2年間修業をつんでまして、現在は建部町で夫婦でパン屋を始めるために準備中というスーパー助っ人です。実はうちの2人のパン屋勤務日数(11ヶ月と11ヶ月)を足したより経験多いです。奥さんのあやこさん、金曜と土曜日の朝来てくれることになりました。朝の作業も朝市の前もこれでもう怖いものなし!

それからもう一つ。
待望の黒豆パン復活しました。
評判よかったけれど黒豆がなくなったので、去年の分が収穫できてから、と思ってたら、結局あまりとれず北海道の無農薬黒豆仕入れました。
去年と同じの甘すぎない黒豆の煮豆をオレンジピールとクランベリーのパンと同じ生地(食パンと同じと言ったほうが早いような)に練り込みました。黒豆のシロップ(煮汁)が生地にしみこんでていい感じです。これから毎日焼くことにしました。

今年の抱負に追加
6)黒豆パン1年分と黒豆きなこおはぎ1年分の黒大豆を畑で作ること
あんぱんの小豆1年分よりは難易度低そうです。あくまで比較しての話ですが。
posted by pototokitu at 16:54| 岡山 ☀| Comment(4) | パン屋の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

だるまの足が...

ええ、確かに安いは安かったんですが。だるまストーブ。
...足がとれました。

まだ設置もしてないのに。ビスでとめるようになってるんですが、
根元の付け根部分で足がはまるところがぽきっと折れました。イン
パクトでビスをたたきすぎました(アホ)。鋳物は粘りがないから
衝撃に弱いんでした。も〜〜〜
最近よくこういうことが起こります。売り場に取り付けようとした
照明もぶつけたはずみでシェードが割れたし。丸太に指をはさんだ
り、エンジンポンプがかからなくなったり、それ以外にも何をする
にもいつもの2倍3倍くらいの時間がかかっている感じ
がしてます。特に帳簿が...
寒いから?

ところでこのだるまは夏の安売りのときに2万で買いました
が、見た感じよくできたデザインです。
よくできたというのは、つまりこれ以上は絶対に安くは作れないだ
ろうというぐらいに合理的に作られています。単に鋳物の型からで
てきたものをビスで留めてあるだけなんですが、ネジの数ですらこ
れ以上は絶対に減らせない数になってますし、それでいながら必要
なロストルやダンパーなどはすべてついています。ロストルなんぞ
は型からでたときのバリがそのまんま残っています。
買ったやつは大きさも一番小さかった6号ですが、薪で使うな
らこれは確かに最小限の大きさでしょうか。これ以下の大きさだと
小さな薪か豆炭ぐらいしか入らなさそうです。それから持ってみた
感じ重さも軽いです。軽いとはいっても鉄板製に比べればさすがに
ずっしりしていて、まあ夏場には取り外してしまうつもりなので実
はちょうどいいくらいですが。

で、足がとれたまんまじゃ使えないので、早速修理です。いろいろ
検索して耐火セメント見つけて注文しました。鋳物どうしをひっつ
けられるんですね。これがあれば多少壊れても直せそうです。とい
うかビス止めの部分をこれでくっつけたら強くなりそうな感じで
す。本体より修復部分のが強くなったりして。

いつも思うのですが、安いものほど扱い方に技術がいります。使い
にくかったり壊れやすかったり。安物買いの銭失いの使い捨てじゃ
なくて自分の腕を上げれるようにするのがいいですね。あまり実践
できてませんが...
posted by pototokitu at 08:15| 岡山 ☀| Comment(3) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

朝市なんで初焼き

明日今年最初の京橋朝市で、昨日今日と今年初のパン焼きでした。
数えたら年末も最後のパン焼きが朝市で、また朝市。結局2週
間あいただけですが、なんか久しぶりの感じがします。
天気がどうかと思いますが、朝市はやっぱり毎月来てくれるお客さ
んが多いし、でもまあ正月明けだし、ということで分量はかなり控
えめに持っていくことにしたので、積み込みも楽ちんです。
それから新作のブリオッシュも作ってみました。プレーンとチーズ入り。
他の新メニューはぼちぼち増やしていく予定です。本当は年明けて
通販立ち上げでがんがん焼こう!という気持ちもあったんですが、
あれやこれやと事情があり、いつものぼちぼちペースになっちゃい
そうです。
とりあえず来週にはだるまストーブ設置予定。

お店のほうは来週の木曜から再開になります。
看板のところにも何も休みの案内がなくって、無駄足を運ばせてし
まったお客さんも結構見られました。ゴメンナサイ!分かりやすい
看板ってのは今年の目標にもありますんで、営業日休みの日など道
からすぐ分かるようになりますので、それまではなんとかですね、
懲りずにまた来ていただければうれしいです。ミリ単位でですがあ
ちこち進化してますので。
次回はだるまが待ってますよ〜(多分)
posted by pototokitu at 21:22| 岡山 ☀| Comment(4) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

新年の抱負のつづき 5)八百屋にする

今日は曇ってたので結構冷えました。雪が降るかと思ったほど
新年休みのまっただなかですが、家の中の片付けに追われていま
す。土間と台所がまあまあ片付いたので明日の午後くらいからパン
屋売り場にとりかかれるかどうか。夏にできなかった珪藻土塗り、
それからだるまストーブをなんとか開店までに終わらせたいです。

で、つづきですが、やっぱりお店関係です。こういうの新年の抱
負って言うんだろうか...
5)八百屋にする
パン以外になにができるか。秋限定のおはぎだけでなく、野菜や古
代米やお餅などうちで作れるものをちゃんと販売できたら楽しい。
口で言うのは簡単ですが、やっぱり店で売るとなるとそれなりに手
間がかかるので、もうちょっと時間を割いて計画たててやります。
毎週いろいろ並べられるように。
野菜は基本的に家庭菜園+ハウスもの程度でパンのついでに気軽に
買えるものや、ちょっと変わったものもいいかもしれません。おす
すめの品種をそろえてうちだけの特産品、みたいなのが栽培できれ
ば楽しいし。ブルーベリーも3年目でちょろちょろっと収穫す
る予定です。
今のところはハウスにほうれん草やミズナなどの葉っぱものをいろ
いろ植えてあるので、これから寒くなって外の野菜がとれなくなる
ころにいろいろ新鮮な野菜が並べられればいいかなと思っていま
す。エンドウや新玉ねぎなどの春野菜もハウスなら早くから収穫で
きるし、トマトやナスなど夏野菜の苗なども6月くらいからと
れ始めるみたいです。夏場に入ってからは去年好評だったきゅうり
や、定番のニンジンジャガイモキャベツピーマン、それからとうも
ろこしを沢山植えてみます。無農薬だと虫がつくのでどれだけとれ
るかは不明ですが、とれたてトウモロコシを目玉商品にしたいなあ
なんて考えてます。畑に案内してその場でもいでもらうとか。ち
びっこ向けかな。
posted by pototokitu at 22:25| 岡山 ☁| Comment(2) | 日常の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

新年の抱負のつづき 4)パンを食べれる場所をつくる

昨日おととい書きそびれました...
正月以降遅寝遅起きです。朝は寒いから布団の中。夜は豆炭こたつで夜更かし。光熱費のかからない生活です。

えーと1)2)3)は前日のエントリーに入ってます。

4)パンを食べれる場所をつくる
お客さん用です。店の周りにです。今年の目標です。
うちに来るお客さんでも結構多くの人が、できればちょっとゆっくりしていこうかな、というオーラを発しており、くつろげる場所があまりないというのがいまいちでした。ちびっこの遊び場も。
これをまあなんとかしたいなと。一応店の裏に丸太の山が積んであったのが、だんだん薪の山に進化していっていて、この薪の山が裏庭に進化するのも時間の問題と言えるかと思います。納屋を倒した廃材もすべて薪にして、買ったパンやおはぎをその場でぱくぱくできるスペースにしたいです。それから春には裏の田んぼに緑肥用の花が咲きますが、これが見えるピクニックの場所が欲しいですね。こういうのも去年から要望ありました。そういえば。

場所ができたらイベントでもなんでもできます。パン屋休みの日はもちろん家族でごろごろします。友達きてもどんちゃんできます。
なんとか春までには...
posted by pototokitu at 08:14| 岡山 | Comment(2) | 日常の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

屋根の上のやまちゃん、8月(写真のみ)

DSC_3069.jpg

DSC_3070.jpg

DSC_3062.jpg


昔は可愛かったな〜やまちゃん。

障子をやぶられることにかわいくなくなっていきます。やまちゃん...
posted by pototokitu at 23:08| 岡山 ☀| Comment(0) | 日常の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新年の抱負

え〜、明けましておっめでとうございます。
新年いかがお過ごしでしょうか。今年もよろしくお願いいたします。
うちではですね、マイ一升瓶も残り数センチとなってしまいましたが、お正月、お餅でのどをつまらせることもなく、なんとかまだ生きております。ちらし寿司、ゴボウ巻き、ぶり大根、だし巻き、粕汁、ゆりねがんも、かまぼこ、カブの千枚漬け。あんこもち、きなこもち、海苔もち。いやはや。なんでパン屋になったのかな。

さてここでちょっとありきたりですが、新年の抱負、というか今年これからいったいどうなるのか、これからの目標を書いてみようかなと思います。パン屋も一年やってみてだいぶ感じがつかめてきたので少しはまともな将来像が見えてきたかなと思っています。

1)帳簿をつけよう。
いや、つけてなかったわけではないですよ。決して領収書の束がたまってるわけではないですよ。念のため。今年の目標ですからね。来年のお正月はせめて一年間でどれだけ利益があったのか、またはなかったのか、把握してから迎えたい。年間売上が○○○万円あった。ここに入る数字はお正月までには分かっておきたい。そう思います。昨年の分がまだ全然数えてなくて分かっていないという意味ではないですよ。念のため。

2)チーズ入りのパンをつくる
実は今日おゆきの雪ボーロにいってきました。いっつもはうち土曜日営業なんで、今日を逃したら夏休みまでいけません。で、うちはまったりお正月モードでいるのに雪ボーロは正月3日から営業。昨日大阪から帰ってきたばかりだそうですが、さすが根性あります。パン屋魂を感じます。
で、かなり繁盛してました。ちびっこがうじゃうじゃいました。目当てはピザとカレーパンだったんですが、カレーパンはお昼時点ですでに売り切れ。それでピザだけでは足りなくて全粒粉チーズを食べましたが...んめ〜〜
やっぱりチーズが好き...
触発されたとかまねしようとかいうわけではなく、去年から考えてはいたんですが、結局パンにはならずじまいだったので、今年こそはと思ってます。チーズパン。っておいしいチーズ使ったやつです。高いけど。ゴーダだったかな?試しに買ってみたやつおいしかったです。やっぱピザ用チーズは焼きたてはおいしいような気もするけどいまいちです。食べるゴム、みたいな。
それから他にもあれやらこれやらの新作パンの予定があったけど、実際できたのは数少なく、もうちょっといろいろ作りたいなと。お手軽に食べれる菓子パン系(メロンパンとか♪)とハード系のバリエーションを充実させたいですね〜

3)販売に力をいれます
って押し売りじゃないですよ。もうちょっと積極的にパン好きさんたちにアプローチしてみようかなと思っています。分かりやすい看板たてたりとか、レストランへの卸しとか、倉敷朝市とか、ネット販売とか。あくまでお客さんにとって買い求めやすくなるにはどうしたらよいか。いろいろ考えてます。
というのもなんだかんだいってもやっぱり売れなかったらダメなんです。新作作ってもそれで前に作っていたパンが作れなくなったら意味がない。そのパンが目当てで来ているお客さんがいるわけですから。パン屋スタッフに来てもらっても、焼けば売れる!という状況ではなくって、せっかく来ても仕事がないなんてのは意味がない。2人でやってる分にはただ働きでもやっていけても、仕事に来てもらってて給料払うとなると話は別です。生活かかってますからね。パン焼けば焼けるんだけど、焼いても余るから焼けないでは仕事にならず、どうすればよいかというともっと売るしかないわけです。沢山売れればパンの種類ももっと増やせるからお客さんもうれしい。仕事が増えるからパン屋スタッフもちゃんと雇えるようになります。パン屋に利益がでれば、店をきれいにしたり、ちょっと食べる場所を作ったり、もっと楽しい場所にするために使うことができます。売上あがらなければしょぼいまんまですから。うちが生活できる分だけ売れればいいという考えなら、今程度でもやっていけそうな感じはしてますが、もっともっと楽しい場所にしたい。輪を広げたい。そういう気持ちが大きいです。まだ31だし。

明日につづく
posted by pototokitu at 23:00| 岡山 ☀| Comment(2) | 日常の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。