ホトトギス作業帳パン農ブログ  十足のわらじはこちら *リンク先、直しました*

2009年02月24日

これからの展開を考えているんだけど

ブログご無沙汰になってますが、風邪もインフルエンザもありませんのでご心配なく〜それなりに元気です。

確定申告もほぼできてきて、これからのこの百姓パン屋の方向性をどうしようかといろいろ考えています。
去年の2月に初めて丸一年たったわけですが、一応店は週3日、コタンへの配達が週2日、京橋朝市が月一回というスタイルでそれなりにやってきてますが、ここからどう発展していくか、それからどうやって畑からの作物などを組み合わせていくかという段階に近づいてきたところで、でもなかなか次に進めていないという感じなのです。お店に来られたお客さんは知っている方もいるかもしれませんが、家庭内事情なんかもありまして、時間的にも精神的にもちょっと仕事仕事〜となっていないところがあります。
通販の話なんて去年の秋からしてるんだけど、全然まとまってない。冬場でゆっくりなときがチャンスのチラシ製作・配布や看板作りなんかも進んでないし、ホームページもブログにしてもパン屋っぽい内容は非常におそまつで、ポトトキツはぶつぶつわけの分からないことをつぶやく場所と化しています。
というわけなんですが、ちょっとぼんやりではあるのですが、これからの展開のイメージができてきたのでちょっとまとめてみようかと思います。

基本的な考えは、「1.よいものを作って(このよいものの価値観の共有が大事)」「2.お客さんが求めやすい(買いたくなるような、お客さんが得になるような)方法」で「3.余計なコストをかけずに」、つまりは「お買い得感のある価格で販売して」「4.その商品・サービスを通してお客さんの利益(幸せ?)を増やす」。まあこれだけです。
というかいろいろ考えた結果こういう感じになりました。今のところはですが。一見当たり前ですが、結構深いです。よく考えると。
これの対極にあるのが、例えば「1.安く作って」「2.お客さんの購買意欲を刺激して」「3.見かけを最重視して」「4.もうけを最大化(するためのコストは惜しまない)」。って感じでしょうか。
別に商売論を語ろうなんて気はありませんから解説なんかはしませんが、この中の2番目、「求めやすい方法」ってのがかなりひっかかってて、うちのような店はかなりお客さんにとっての負担が高いんですよね。
店はほとんどの人にとっては田舎のなんにもないところでしかも週3日しかやってないし、配達にいってるコタンもどちらかというと特殊なタイプのお店(自然食品)で、朝市も毎月来る人は多いけど、いかない人はいかない。つまりなんかのついでとか思い立ったときに買いにいけない。よし、パン買うぞ〜と気合いいれないと買えないわけです(ホントか?)
で、これを何とかしたいなと思って考えてるのが下のリスト。主に販売方法の多様化になってます。

1)店の直売
2)卸販売(コタン+?)
3)配達サービス(職場へ出張、生協のような宅配グループなど)
4)冷凍の宅配便
5)朝市(や他のイベント出店)
6)これを全てオンライン上でリンクさせる
7)パンを中心とするけれど、他の品物も販売する(野菜、はちみつ、お米+あったらうれしいもの)

詳細についてはぼちぼち書いていきます。これから10年20年はこういうことが重要になってきます(多分)。
他のパン屋さん(にかぎらず)、見逃さないように〜


posted by pototokitu at 00:01| 岡山 ☁| Comment(2) | パン屋の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

小麦と草

最近ちょっとあたたかかったせいもあり、店の前の小麦(ミナミノカオリ)がずいぶんよく育っています。が、雑草もすごいです...
ぱぱっと2回しか耕さなかったせいもあり、12月くらいから結構草だらけだったんですが、もうとにかく沢山が生えてきてます。全体に多いのですが、穴あきホーでちょっと草削りをした部分は見た目がかなり土の色で、結構効果ある感じです。まあちゃんとよく耕してから種蒔きすれば冬場は草生えないはずなんですが...
去年の冬も菜の花蒔く前にかなり草が生えてて結局草だらけになったところなので、種がいっぱい落ちていたこと、それから鶏糞をかなり多めに入れたことで草が元気になってるみたいです。
畑のほうでもたまに思うんですが、鶏糞沢山入れてるところは雑草がとにかく元気になってて、草に肥料やってる感じになっちゃいます。土はふかふかになってきますが、手間もかかってくる...
おととしくらいまではろくに肥料もやらずに手抜き栽培だったときから比べると、やっぱり草削りの重要性が増えてきてるような。プラスチックマルチとか使っても結局通路は草だらけになっちゃうし。
で、小麦ですが、ちょっと離れたところにある田んぼに蒔いたほうは、対照的にぱっとみて全然緑じゃなくて、小麦も小さければ草も少ない。
ここは去年の稲刈りが終わってから借りたところで、最初から草もあんまりなくて、鶏糞も店の前のと比べて半量くらいしか入れてません。しかも種があまりよくなかったらしくて発芽率が悪かったので、余計に貧弱です。草削りの必要はまだ全然ないくらいだけど、こっちは追肥がいるようになりそうです(というかその予定)。
ちゃんとパンになるんでしょうか...
posted by pototokitu at 22:29| 岡山 ☀| Comment(0) | 日常の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

雨が降ってます...

今年の冬は雨が多いような気がします。
今日からもまた雨のようで、畑と田んぼのほうがなかなか進んでいなくてちょっと歯がゆい。ニンジンの種蒔きも、じゃがいもの植えつけも、キャベツの定植もまだ。ハウスの中は結構青野菜が元気に育ってきているので楽しいのですが、外がやっぱり手抜き状態...週の初めにやっとこさトラクターで一カ所耕せた程度です。
田んぼも排水の悪いところがあって、一回溝切りをしたのですが、イノシシに掘り返されてギブアップ。以来ほったらかしです。去年の草が手強かったので、あぜをしっかり直して、高低を直して、排水をちゃんとして緑肥をちゃんと作って、となんとなく目標はあったんだけど...
こんなに暖かくて雨が降ったりしてるとなんかあせってきちゃいます。ああ〜あれ蒔いておければ今頃は芽がでてるだろうに、とか。
芽が出ているといえば、芽が出ているのは雑草ばかりで、黒マルチでなくて間違えて半透明のグレーのをかけてある玉ねぎがすんごいことになっています。2月とは思えない草の量。さらに店の前の小麦畑もこれまたすんごいことに...とにかく鶏糞たっぷり入れてるところは草がすごい。
今年からは畑のほうも自家用野菜だけではなくて、ちょっとまじめにやろうかなと思っているので、いきあたりばったりではなくて、作付け表を作ったり品種を選んだりして生産体制を作っていきたいとは思ってるんですが、まだ頭の中でぐるぐるまわっているだけの状態です。
野菜にしろ米にしろ販売方法も考えないといけないしなあ。かといってどれだけちゃんとできるかもまだ分からないし。
野菜って全然できないときとできるときの差がかなりあるのです(うちだけってことはないよね)。草だらけの玉ねぎだって今年は100kgもとれないのかそれともがんばって300kgとれるか全然分からないって感じです。葉野菜なんて全部とれるか全滅か、とか。
今年の冬のキャベツ白菜は7割以上はとれたかと思いますが、カリフラワーとブロッコリーは全滅。パクチョイはすごく沢山できてて気がついたら花が咲いてて、大根とニンジンは虫がついたりねずみが食べたりでとれたのは半分以下、しかも小さかったり。がんばって沢山植えた菜の花やコウサイタイは日当たりが最悪のところだったのでひょろひょろです。むむむ。
まあなんだかんだいっても楽しいからいいんですけど。
...何とかビニールハウスの分を回収しないといけんからなあ。
(雨とは関係ないか)
posted by pototokitu at 23:06| 岡山 ☔| Comment(0) | 百姓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

おやつの販売の包装

おやつってうちではパン以外はまとめておやつと呼んでます。
ブラウニー、ラスク、シフォンケーキなどなど。
これの販売先をちょっと開拓しようかなあとまじめに考えています。メインは多分ブラウニーで、あとはラスク。その他丸ボーロやカシュースフレなど駄菓子系をちょろちょろ。
それで包装をどうするかいろいろ調べているところですが、袋ってすんごい種類があって、全然分からない。
単純に考えると、中のものがきれいに見えて保存性がよくなる。これだけなんですが、ポリとかOPPとかIPPとかラミネートとか袋の種類によって値段も全然違うし、なんか使い方も違いそう。
ブラウニーなんか今は小さいポリ袋に入れるかラップにくるむだけだったけど、抹茶の色が変わりやすかったりしてたので、シールできて脱酸素剤入れたらやっぱり質もよくなるだろうかなと思います。ラベルを貼ったりして、ちょっと値段も上げざるを得ないけど、他のお店にも持っていこうかとなるとやっぱり重要です。通販もですが。
パンだって、コタンには番重にいれてそのまま持っていっていますが(その雰囲気がいいってのもありますが)、やっぱり数日おこうとなるとちゃんと包装されているといないでは大違い。衛生上もそうだし、扱いやすさもあるし。
そんなわけで、ちょっと資材やさんを探し中です。
あとはラベルかな。ホトトギス〜ってやつを作りますね。
posted by pototokitu at 22:25| 岡山 ☔| Comment(0) | パン屋の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

山仕事

昨日今日と久しぶりの山仕事。といってもパン屋のすぐ向かいなんですが、ここはかなりの急斜面でカシなどの雑木がおいしげっていてだいぶ道のほうまではりだしてきて、切らねば切らねばと思っていたところです。
自分の土地ではないので一応持ち主に木を切っても大丈夫かどうか聞きにいくと、日当は出さんけど気をつけてやりな、全部薪にしたらいい、と言ってくれました。細い木が多いし足場も悪いし斜面の真下は小川になってるし(道ー2mほどの細い川ー急斜面という状況)、まあ大変なところなんですが、常緑のカシの木だけ選んでだいぶ切りました。
ほとんどの木は自分の足よりも細いくらいでひょろっと長くて葉っぱがものすごく多くて、薪になった分量よりも先っちょの小枝と葉っぱの量に圧倒されましたが、それでも剪定鋸にチェンソーに鉈にいろいろ振り回して、山のほうはだいぶすっきりなりました。
斜面が急なのでまずは鋸と鉈だけ持ってあがり、細い木やチェンソーでは切りにくい角度のものを選んで切って、それから倒れたり引っかかったりしている木を道のほうへ引っ張っりあげ、それからチェンソーで残りの太いものを切って、切った木は絡まらないくらいに大枝を切り分けてから全部畑のほうへ引きずっていき、そこで鉈を使って小枝と葉っぱを切り落とし、山となった葉っぱを燃やして、灰になる手前の炭状態のうちに畑にまく、といった手順でやります。
太い部分は引きずるにも重いのでその場でチェンソーでぱぱっと薪の長さに切り分けて、鉈で小枝と葉っぱを切り落としたあとの細い部分はこれから鋸で薪の長さに切ります。乾くと固くなるので生木のうちに全部切ってしまう予定。
それにしても葉っぱが多かった〜
薪は細いし少ないけど...
今年の薪はほとんど杉だったのでいまいちでしたが、来年はあったかく過ごせそうです。カシって炭にもするくらいだからちょろっとでもホントに熱くなります。
山のほうも明るくなって、春には今まで隠れていた桜の木もきれいに見えそうです。
posted by pototokitu at 22:26| 岡山 ☀| Comment(0) | 日常の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

黒いカレーパン♪

今年に入ってのおすすめパンの一つ。
カレーパン、といっても揚げてないやつです。焼きカレーパン。ほんとはパン粉まぶして揚げたのがおいしいとは思うんですが、揚げる手間がちょっととれそうにないので焼いちゃいました。
これがなんでおすすめかというとなんですが、ずばりカレーがですね、もうおいしいんです。もうめっちゃおいしいです。うちで作ったのではないのでちょっと意外に思われるかもしれませんが、近所で最近カレーランチを始めたミントというお店のカレーを使うことになりまして、自分の作ったのをおいしいおいしい言うのはちょっと気が引けるんですが、よそのものなんで思う存分言わせていただきます。カレーおいしい♪まだ作り始めて2週間ですが、評判もいいです。
きっかけは、今まで作っていたきまぐれインドカレーが入ったカルツォーネのカレーパンで、真冬になってインドカレーに使える野菜がなくなってきて、白菜カレーパンというわけにもいかないしどうしようかと考えていたところ、ちょっと前からパンをちょこっと配達していたお店でカレーランチを始めたというのを聞いたことです。
(お店情報ー>あるかな?)
インドカレーって実は結構簡単で、具になる野菜がおいしければスパイスを適当に使えば本格的なものが短時間にできちゃうんですが、いわゆる日本で食べるおいしいカレーというのはルーの複雑な味わいを出すために仕込みにかなり手間がかかり、パンに入れるとなるとレシピの再現性も大事だし、とても今のうちの様子では作れない。でも野菜が少なくてもルーだけの味でも楽しめるというわけでこういうカレーパン作ってみたい。むむむ。
それでまあここのカレーにしようかと決めたんですが、実際食べてみてちょっとレベルの高さにびっくりしてしまいました。黒カレー、といってもよい感じで、かなり濃厚、スパイスもほどよく効いているけれど、いわゆるカレー粉の味をはちょっと違う。それでもまぎれもなくカレーの味。リッチではあるけれど、脂っこくしつこくもなく、苦みもなくて食べやすく、なんだか贅沢な気分にさせてくれるような味わいの深さを持っています。
いったい何が入っているんだろうと考えながら食べてたんですが、入っている材料を見て納得。イ○○○とかチ○○とかブ○○○○なんかが入ってました。カレーランチはご飯もおいしいです。地元の無農薬朝日米。日本一おいしいお米です(自分の好みですが)。
今のところはカレーソースにうちのニンジンを刻んだのがころころ入ってますが、季節にあった野菜をいろいろ使っていく予定です。エンドウ豆カレー、カブカレー、ブロッコリーカレー、ピーマンカレー、ナスカレーなどなど。

ただ...
...原価が上がっていくぅ〜
posted by pototokitu at 21:35| 岡山 | Comment(2) | パン屋の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

野菜の配達

新年の目標の一つだった八百屋ですが、いろいろあって売り場の改修が亀さんペースなのでまだなんですが、一応今年からはコタンでもパンの配達と一緒にいろいろ持っていっています。コタンのお野菜はワッカファームや山崎さんのものがあれこれありますが、店においてなさそうなのをメインに持っていきます。
今はハウスで育っている葉っぱものくらいで、分量もちょろっとだけですが、手間もあまりかかってないし、なんとなく楽しいです。もうちょっと要領を得てきたらちゃんと供給できるようになるかな?
今週までは水菜、レタス、チンゲンサイ、タアサイなどで、これからはうまい菜、ほうれん草、春菊、ケールあたりの予定です。自分がいろいろ持っていくことで店頭の品揃えがよくなって見栄えもよくなると思うと、なんかうれしいです。
分量的には野菜の配達だけでは距離も時間もかなりの負担になりますが、パンの配達のついでと考えれば効率いいし、どちらも鮮度が大事なものなので、パン+野菜の配達はぼちぼち増やしていってもよいかなと思ってます。他にもどっかあるかな〜販売先。
確定申告終わったら本格営業開始(予定)。
posted by pototokitu at 21:03| 岡山 ☁| Comment(0) | 百姓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

またテレビにちょろっとでます

一応お知らせということで。
あさって木曜日なんですが。
OHK(岡山放送)のおんたいむというお昼の番組にちょろっとでることになりました。石原さんとこの田園ギャラリーから生中継。番組は2時から3時までで、その中の中継場面でカフェにベーグルを持っていってるところででる予定になってます。
木曜なんでお店もあるし、最近けっこうばたばたしてますが、特に準備もいらないし、ちょろっといってちょろっとでるだけなので、ぱぱっと行ってきます。中継スケジュールを見ると2時18分頃にでるみたいです。
去年のボイス21に出たときは早朝から仕込みの最中に撮影があったのですが、今回は自分とこではないのでお気楽出演です。
posted by pototokitu at 22:17| 岡山 ☔| Comment(3) | 日常の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。