ホトトギス作業帳パン農ブログ  十足のわらじはこちら *リンク先、直しました*

2009年06月24日

キャベツの旬

だいたい1年中あるけれど春と秋がなんとなく旬だと思われているキャベツですが、無農薬で作ると今が一番とれます。
理由は生育期間中にほとんど虫がいないから。秋に種蒔きするころにはもう涼しいのでほとんど虫もおらず、虫が増えてくる春にはどんどん生育するので被害がでにくい。しっかり防虫ネットもはったので、うちでも沢山とれました。今年は晩春がすずしくて虫が少なかったのか、きれいなキャベツばかりでびっくり。密植えで肥料も少なかった上に虫がつくのがいやだったので早めに収穫したのでちょっと小振りですが、山のようにとれたキャベツを見てちょっと感激です。
暑いときのしゃきしゃきのキャベツサラダ、たまらんです。塩もみするだけでもおいしいのはやっぱり化学肥料も農薬も使っていないからなんでしょうか。一番平凡だけど一番楽しみな野菜です。

ただひとつ問題がありまして...
沢山とれても暑いのでもたない。冷蔵庫にいれないとすぐダメになりそうな感じ。冬場は保存がきくんですが。パン屋の売り場にもキャベツ並んでますが、どれだけもちそうか微妙なところです。
さらにきゅうりなどの夏野菜もでてくる季節なのでなにもキャベツだけがしがし食べなくても...となってしまう。

そんなわけでザワークラウトを作る予定にしてます。うまくできれば販売も考えるかも。それかそのままパンにはさんで焼くか。


posted by pototokitu at 20:44| 岡山 ☀| Comment(0) | 日常の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。