ホトトギス作業帳パン農ブログ  十足のわらじはこちら *リンク先、直しました*

2008年10月21日

赤米も刈り終わりました

DSC_6604.jpg

パンの配達前にばたばたと作業。
実は刈るのは結構早くて30分で終わり。こっちはきれいにまっすぐ植
わってるので楽勝です。
このあとのはさかけ作業が大変なのです。藁がお肌にちくちくするし。

DSC_6646.jpg

ちゃんとやってるかどうかやまちゃんが見回りに来ます。結局配達
前には終わらず、かえってから暗い中なんとか全部かけ終わりました。

赤米は穂が垂れ下がって地面につきそうだった去年に比べてやっぱ
り束も細いし、実も入ってない感じです。束を持ってもなんか軽い
感じがします。

やっぱり古代米と一口にいっても肥料の要求分量が違うということ
なのでしょうか。香り米は結果的に少なかった今年のほうがいい感
じだし、黒米はもっと少なくてもよいのかもしれない。赤米と緑米
は結構多肥のがしっかり実がつくような気がします。同じ田んぼに
まとめて植えてしまうのはダメということか。これをちゃんと来年
にいかせればいいのだけれど。


posted by pototokitu at 22:56| 岡山 | Comment(0) | 百姓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。