ホトトギス作業帳パン農ブログ  十足のわらじはこちら *リンク先、直しました*

2010年10月21日

ぴよぴよヒヨコランド設置

やってきましたヒヨコ21羽。生まれて2日目の桃太郎地鶏という銘柄の雛です。
黄色いちょっと縞のと黒っぽいのといます。
何系統か掛け合わせているのでどれがでてくるかで色が違うそうです。

早速ヒヨコランドに放したらピヨピヨえらい元気。あちこちうろうろ、つついたり掘ったりしいます。

DSC_4613.jpg

DSC_4626.jpg


米ぬかとワラや刈草を刻んだもの、もみがらを混ぜ合わせて発熱したものを敷き床にします。ほっかほかあったかいのだ。菌たちのざわめきが聞こえるよう。この上に更に保温の箱(というかボロの小さいビニールハウス)をかぶせます。

同じものに更に多めの米ぬか、穀類その他(古くなったごまとか虫がわいた豆とか)、生ゴミなどを混ぜてこれまた発熱発酵させたのが発酵飼料。
あとはダイコンやニンジンの葉っぱを刻んだをばらまいて、芋虫などを捕まえてきてやります。

DSC_4632.jpg

ぽんちゃんも気になる...


DSC_4656.jpg

夜はこの小さなビニールハウスのなかで保温ランプと35度に設定したサーモスタットを使います。だいぶ気温も下がってきているので用心します。敷き床のみでも中のほうは40度くらいでているので十分あったかいと思うけど。まさか低温やけどはしないよね。




posted by pototokitu at 00:01| 岡山 ☁| Comment(2) | 百姓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by 富岡です at 2010年10月21日 18:17
ピヨピヨ元気そうですね.

しかし,夜の,暖房は明るすぎて眠れるのかしら?大丈夫ですか?夜遊びしすぎて,グレムリンになったりはしませんよねぇ〜.

お大事に.
Posted by りゅうてん at 2010年10月26日 17:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。