ホトトギス作業帳パン農ブログ  十足のわらじはこちら *リンク先、直しました*

2010年11月09日

一斗缶ベーコン

先週からの新製品の一つが、ベーコンとハーブの田舎パン。
燻製しているので市販のベーコンとは風味が全然違う。

DSC_4738.jpg



一斗缶でベーコン作っているところ。この状態でフタをします。
小麦を蒔く予定のところに鶏糞を散布している間に燻製にしました。
じっくり2-3時間くらい。
隠し味にサクランボ酒をちょろっとくわえた調味液に数日間つけた
豚バラの固まりをすこし水にさらして塩抜きしてから、一斗缶に入
れて燻製にします。チップには庭に生えているプラムの枝を使いました。

できあがったベーコン、はじっこの固いところを切り落として、良
さそうなところだけパン用にキープします。切り落としたところは
自家用。うちではほとんどスープになります。ベーコン、塩、酒、
野菜。これだけでたまげるほどおいしいのができるからうれしい。
脂がちゃんとあるところは菜っ葉とじっくり炒める。大きくなりす
ぎた小松菜とか固めの葉っぱがよくあう。
あまりにおいしいので定番になりそうな予感。
一番おいしいのはピザだったりしますが。

次回は○○肉かな〜


posted by pototokitu at 08:58| 岡山 ☀| Comment(0) | パン屋の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。