ホトトギス作業帳パン農ブログ  十足のわらじはこちら *リンク先、直しました*

2009年09月14日

昔作ってたパン

古い写真を見てたら昔アメリカにいたときに作ってたパンがありました。
こういうの毎週作って食べてました。2004年のころ。
今ホトトギスで使っているのもこの時のと同じ酵母です。

IMG_3315.jpg
Country White 田舎パンか?

IMG_3411.jpg
Whole Wheat Boule 全粒田舎パン

IMG_3359.jpg
Ciabatta チャバッタぽいです。1人1個とかぺろっと食べてました。


posted by pototokitu at 20:42| 岡山 ☁| Comment(2) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

たたききゅうり

きゅうりが山ほどあって毎日のように食べてますが、今年はたたききゅうりが気に入ってます。ばんばんすりこぎでたたいてから手でちぎって、塩をきかせます。それからいろんな味付け。例えば

1)食欲増進におろしにんにく

2)おろしにんにくにごま油でナムル風。

3)ごはんと食べるにはこれに細挽きの韓国唐辛子とナンプラーちょろっとでキムチ風。

4)にんにくに飽きたらちょろっと日本酒、ごま油と黒ごまもおいしい。

5)さっぱりしたいときには塩と青しその千切り。

6)梅干しの赤紫蘇を刻んでゆかりきゅうり。

どれもちょっとしょっぱいくらいがおいしい。汗をかく季節になったからかな。漬けてから10分から30分が食べ頃。長くおくと水が出てきて塩気が薄まります。
こだわりの塩を選んで食べてもいいかも。
ちなみにうちは...1kg100円の「食塩」だったりします。
細長〜いいぼいぼ四葉きゅうりを2本もたたけば、どんぶりいっぱい楽しめます。うちの食卓では隣のどんぶりにはもちろんトマトが入ってます。夏はやっぱり夏野菜〜
posted by pototokitu at 22:03| 岡山 ☁| Comment(0) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

あさりに弱い

きゃべつが沢山あるのであさりとキャベツの煮物作りました。
軽く炒めて酒、塩、醤油ちょろっと。これが甘くておいしくていっぱい食べたんですが、夜になってからやっぱり来てしまいました。
お腹がいたい...
だいたいあさりを食べるとこうなる確率が非常にたかくて、朝までぐったり。半額セールだったわけでもないのに、なんとも困ったおなかです。一緒に食べた家族は同じく沢山食べたのに普通の感じです。なんともなし。
煮物でなくても味噌汁にしてもいいし、パスタにしても好きなのに食べたあとがツライです。いったい何が悪いんでしょうか。
食べても大丈夫なときもあるので、貝自体に弱いというよりは、もうほんとに取れたてで口をぱくぱくしているような新鮮なのなら大丈夫な気もしてますが、こう何回も繰り返すといい加減悲しくなります。
ちなみに嫁さんは生クリームによわくて、アイスクリームを食べたあとなどはかなりぐったりなります。ケーキもダメ。コーヒーもクリームなし。でもあさりは大丈夫。取り替えて欲しいような気がしないでも...ないかな。
そんなわけで今日は一日ちょっとふらついてました。
posted by pototokitu at 21:19| 岡山 ☔| Comment(2) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

桜とかいろいろ(写真)

DSC_4843.jpg

運転中が実は楽しい花見。

DSC_4860.jpg


DSC_4919.jpg

花よりも屋根の模様を見てしまう。

DSC_4937_2_2.jpg

桜にめじろ。手ぶれ防止付きズームレンズってすごい...

DSC_5075_2.jpg

何の変哲もないただの写真でもきれい

DSC_5081_2.jpg


DSC_4872_2.jpg

ちょっと似てるけど実はプラムの花。

DSC_4964.jpg

近くの保育園の園庭です。瓦があると急に日本的になります。


posted by pototokitu at 04:15| 岡山 | Comment(2) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

あんこ作ってるところ

最初の煮るところは写真とるの忘れたのでとばして、大鍋からいきます。

ザルで水を切った(柔らかく煮えた)小豆にお砂糖と塩と米飴を加えます。
黄色い砂糖は粗製糖。砂糖臭いです。塩をいれるとコクがでます。米飴もてかりとコクが。
これは小豆3kg分作ったときの写真。



混ぜたときはぱさぱさでも加熱すると 

 



しばらくして水分が沢山でてきます。

鍋がでかいので湯気がすごいのです。

 


 水分がなくなるまでひたすら強火で混ぜる混ぜる混ぜる。

 熱いので素手だとムリ。業務用ガスレンジの強火はすさまじい。



 ほどよい堅さになったら火を止めます。少し柔らかめでも余熱で水分は飛びます。粗熱がとれたらばんじゅうかタッパーにいれて、平らにして、上からぴっちりラップをかけてふたをします。ラップかけないと水蒸気がフタで冷えた水でびちゃびちゃになります。

 

ちなみに鍋の直径は51cm。鍋と言うよりたらいのよう。

posted by pototokitu at 21:19| 岡山 ☀| Comment(0) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

だるまの足が...

ええ、確かに安いは安かったんですが。だるまストーブ。
...足がとれました。

まだ設置もしてないのに。ビスでとめるようになってるんですが、
根元の付け根部分で足がはまるところがぽきっと折れました。イン
パクトでビスをたたきすぎました(アホ)。鋳物は粘りがないから
衝撃に弱いんでした。も〜〜〜
最近よくこういうことが起こります。売り場に取り付けようとした
照明もぶつけたはずみでシェードが割れたし。丸太に指をはさんだ
り、エンジンポンプがかからなくなったり、それ以外にも何をする
にもいつもの2倍3倍くらいの時間がかかっている感じ
がしてます。特に帳簿が...
寒いから?

ところでこのだるまは夏の安売りのときに2万で買いました
が、見た感じよくできたデザインです。
よくできたというのは、つまりこれ以上は絶対に安くは作れないだ
ろうというぐらいに合理的に作られています。単に鋳物の型からで
てきたものをビスで留めてあるだけなんですが、ネジの数ですらこ
れ以上は絶対に減らせない数になってますし、それでいながら必要
なロストルやダンパーなどはすべてついています。ロストルなんぞ
は型からでたときのバリがそのまんま残っています。
買ったやつは大きさも一番小さかった6号ですが、薪で使うな
らこれは確かに最小限の大きさでしょうか。これ以下の大きさだと
小さな薪か豆炭ぐらいしか入らなさそうです。それから持ってみた
感じ重さも軽いです。軽いとはいっても鉄板製に比べればさすがに
ずっしりしていて、まあ夏場には取り外してしまうつもりなので実
はちょうどいいくらいですが。

で、足がとれたまんまじゃ使えないので、早速修理です。いろいろ
検索して耐火セメント見つけて注文しました。鋳物どうしをひっつ
けられるんですね。これがあれば多少壊れても直せそうです。とい
うかビス止めの部分をこれでくっつけたら強くなりそうな感じで
す。本体より修復部分のが強くなったりして。

いつも思うのですが、安いものほど扱い方に技術がいります。使い
にくかったり壊れやすかったり。安物買いの銭失いの使い捨てじゃ
なくて自分の腕を上げれるようにするのがいいですね。あまり実践
できてませんが...
posted by pototokitu at 08:15| 岡山 ☀| Comment(3) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

朝市なんで初焼き

明日今年最初の京橋朝市で、昨日今日と今年初のパン焼きでした。
数えたら年末も最後のパン焼きが朝市で、また朝市。結局2週
間あいただけですが、なんか久しぶりの感じがします。
天気がどうかと思いますが、朝市はやっぱり毎月来てくれるお客さ
んが多いし、でもまあ正月明けだし、ということで分量はかなり控
えめに持っていくことにしたので、積み込みも楽ちんです。
それから新作のブリオッシュも作ってみました。プレーンとチーズ入り。
他の新メニューはぼちぼち増やしていく予定です。本当は年明けて
通販立ち上げでがんがん焼こう!という気持ちもあったんですが、
あれやこれやと事情があり、いつものぼちぼちペースになっちゃい
そうです。
とりあえず来週にはだるまストーブ設置予定。

お店のほうは来週の木曜から再開になります。
看板のところにも何も休みの案内がなくって、無駄足を運ばせてし
まったお客さんも結構見られました。ゴメンナサイ!分かりやすい
看板ってのは今年の目標にもありますんで、営業日休みの日など道
からすぐ分かるようになりますので、それまではなんとかですね、
懲りずにまた来ていただければうれしいです。ミリ単位でですがあ
ちこち進化してますので。
次回はだるまが待ってますよ〜(多分)
posted by pototokitu at 21:22| 岡山 ☀| Comment(4) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

もちつきました

ブログ久しぶり〜になってしまいました。
が、さぼって遊んでいたわけでも、病気で寝込んでいたわけでもな
く、寒さでパソコンが壊れてしまったわけでもなく、なんか気がつ
いたら書いてなかった。気がついたら大晦日だった。そんな感じです。
パン屋のほうは最後の週も終わり、今年最後の朝市も終わり、今年
一年、最初のパン屋営業は無事に終わることができました。いろい
ろありましたが、見切り発車で始めたパン屋は沢山のよいお客様に
恵まれて、ほんとに感謝!がんばっておいしいものを作ろうと、細
かな配合などにも気を配って常に努力しているつもりですが、まだ
まだ毎回最高のものが焼けるわけでもなく、それにもかかわらず、
おいしかった!めちゃめちゃおいしかった!他のパンはもう食べら
れない!とうちのパン(の潜在性)を評価してくれるお客さんがほ
んとに数多くいることはとっても励みになりました。おいしいとい
う言葉だけではなくて、目の輝きとか態度とかそういったものから
でなんとなく分かります。自分が「いい」と思って作っているもの
が「いい」と受け入れられる。うれしいことです。お金では買えません。
商売を始めるというのはつまり直接お金を稼ぐということなんです
が、お金以外に価値のあることが実に多いことか。事業をする(小
さなパン屋だってそういうことです)中で、儲けるということが如
何に小さな一部分でしかないか。だんだんと分かってきた気がしま
す。もちろん商売を続けていくには最低限以上の稼ぎを常にしなけ
ればならないということは当然で、利益を出すことの価値を否定す
るわけではありませんが、それはあくまでも事業の大目的を達成す
るために必要な一要因でしかなく、そういう意味ではパン屋初年度
の今年は実際の売上高から見えるよりもはるかに大きな成功であっ
たと言えるかなと思っています。

で、餅つきですが、古代米餅つきましたよ〜
赤米、黒米、緑米。赤米は3分付き、緑米は5分付きく
らい、それから緑米8割に黒米2割の玄米餅を合わせて
4.5升つきました。近所のみつけやさんが持ってきてくれた年代物の
臼と杵でやりましたが、いい運動になりました。餅つき器もありま
すが、やっぱり手でついた餅はパワーが違います。なんというか餅
の中にものすごいエネルギーが充填されているような感じです。つ
きたてのお餅は大根おろしと醤油、あんこもち、石臼でひいた黒豆
きなこ、それから黒ごまで食べました。大満足です。古代米餅、
やっぱりパン屋で餅屋もやろうかと。赤米大福、最高です。あと考
えてるのが、緑米緑大豆の豆餅。黒米玄米餅。普通の白い餅の代わりは5
分付きか7分付きの緑米餅かな。臼と杵ではちょっとムリです
が、普通の餅つき器でもそれなりにおいしいですしね。

さてだいぶ遅くなってきましたが、今年は初詣行こうと言うことに
なったのでなんとか12時まで起きてなければなりません。日頃夜は早
いので大変...
posted by pototokitu at 23:33| 岡山 | Comment(2) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

夕焼けがきれいでした

DSC_8409_2.jpg

ウーフが来てばたばたしてますが、いろいろ手伝ってもらえること
を探しながら進めています。家の中に人が増えるとやっぱり今まで
とはペースが変わったりして、どうしてもしわ寄せが来てしまうも
のがありますが、ブログ更新をさぼり気味にする程度でなんとか
やっています。今いるカイ君は今週末までですが、明日もう一人来
る予定になってます。にぎやかすぎ?
みんながちゃんと作業できるように管理できるのか。これが大変な
ような気もしますが、まあ慣れれば大丈夫でしょう。いくらでもや
ることあるんだし。

雨の天気が続いていたのですが、これからまた晴れが続くようなの
でいろいろはかどりそうです。玉ねぎの植え付けも始めたところ
で、小麦の種まきの準備をそろそろ進めます。パン屋の前の田んぼ
も結局小麦蒔いてみることにしました。自家栽培の有機小麦がこれ
で9畝くらいになります。どんだけとれるんでしょうね、小麦っ
て。冬の間で肥料が効きにくいので鶏糞多めにばっさばっさと撒き
ます。完熟で臭くないのがありがたい。

だんだん寒くなってきたので、冬支度もはじめて、お風呂も入れた
し、待望の薪ストーブの煙突もつけました。ステンレスの安煙突で
すが、夏の間は外しています。薪ストーブの上に板をのせてテーブ
ルがわりにして、煙突の穴は戸棚をおいてふせいでます。一年のあ
いだで薪ストーブ使わない季節のが長いですからね。えんとつも邪
魔なだけです。あとはまあ隙間風をなくしていけば、冬の間も住み
やすくなってきます。

が、2人も人が来るとなると毛布が足りるかどうか...
室温10度くらいならまだ平気だと思うけど、普通の人はやっぱ寒
いだろうし。

DSC_7979.jpg

お水を飲むやまちゃん。子猫っぽさがだんだんなくなりつつあるけ
どまだ子猫です。
あちこち汚れてきたし肉球もひび割れてきたけど...
posted by pototokitu at 21:41| 岡山 ☁| Comment(0) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

おはぎもできました

DSC_3847.jpg

ぶっつけ本番のおはぎです。
実は一回あまりご飯で練習(?)したのですが、餅米が入っていな
いので固くていまいちだったので逆においしくできるかどうか心配
になったくらいでしたが、古代米と朝日米を3対1で混
ぜて炊いたらなかなかよくできました。かすかに固めだったので、
明日は餅を多くするか少し柔らかめに炊いてみようかな。もっとも
作りたては柔らかくても時間をおくと固くなってくるのでさっさと
食べてしまうのがよいようです。

粒あん、黒ごま、黒豆きなこと3色作ったのですが、個人的には黒
ごまがイイ!(これだけ写真がないですが)
ご飯で餡をつつんで胡麻塩をまぶすだけですが、胡麻好きにはたま
らんです。歯につくのが難点?
黒豆きなこはオーブンで焼いた黒豆を手回しの石臼で挽きました。
これも香ばしくていいですね。黒豆独特の風味があります。おはぎ
用のきなこは緑豆のものが多いようですが、うちのは今年は全部味
噌にしてしまったのでもうありません。一応畑に蒔いたのが育って
きているのでお正月のきなこ餅には使えるかな?

でもきなこも胡麻もよいのですが、やっぱりおいしいのはあんが
あってこそです。
山崎さんの小豆がもうなくなったので、北海道の無肥料無農薬栽培
のえりも小豆というのをこないだから使っているのですが、この小
豆がもうおいしくって。豆自体にも甘みがあって味が濃いのです。
お客さんからもあんぱんますますおいしくなったみたい?と評判です。

餡作りも半年やってきてだいぶ慣れてきました。火加減水加減ゆで
加減とやっぱり微妙に差がでます。何回も作ると分かってきます。
奥が深いのです。ちなみに今回のあんはなんか色が薄いみたいで
す。少し固めにしたからかな?味はいいので問題ないのですが、
もっと色が濃いほうがおいしそうに見えるのでちょっと残念です。
次は来週か。

あんは作ったあとの保存でも、最初は冷凍保存していたのですが、
解凍後に水っぽくなったり味が落ちるような気がしてからは、使う
分量だけを作っています。ゆでて練る作業が暑いので真夏はきつ
かったので、秋が待ち遠しい!朝晩は涼しくなりましたが、今日も
昼間は結構暑かった。

DSC_3854.jpg
黒豆きなこのおはぎ

追記:9/12朝
朝ご飯、一つあまったきなこおはぎ。固くなってるかと思ったら一晩おいてもおいしいです。
posted by pototokitu at 23:37| 岡山 ☀| Comment(0) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

赤米甘酒

DSC_3828.jpg


赤米甘酒、できました。できてくれました。よかった〜
朝仕込んで炊飯器の種火で時々温度チェックしながら夜ま
で。50−60度がよいと書いてあったのですが、ちょう
どよい温度に保ってくれました。よい甘さになったので発酵をとめ
るために80度まで加熱して、さっき冷蔵庫に入れたところです。
これであとは水でのばして飲むだけです。どのくらいの割合がよい
か?濃いと甘ったるいし薄いと物足りないし、これはもう味見して
判断するしかありません。それから裏ごしすればとろとろになる
し、しなければつぶつぶ。これも好みかな?味見三昧になりそうです。
あったかくして生姜風味が定番ですが、冷やしてレモン味もレモ
ネード風で結構いけます。両方だそうかな。
朝市にもでていた美作の高見商店の生麹を使いましたが、これなん
と近所のスーパーにもありました。金川のハピッシュ、あなどれ
ん。値段も700円ちょっとだったかな?お手頃です。

田んぼの赤米も穂がだいぶ出てきましたが、去年の写真と比べると
どうも少し遅いようで、しかも色も真っ赤というよりオレンジっぽ
い感じです。これから濃くなるのでしょうか。
posted by pototokitu at 23:28| 岡山 ☀| Comment(0) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

夏休みー断食

DSC_2494.jpg



食べ物にかかわることをやっていると、やはり健康についてはあれ
これ興味のありますが、ちょうど夏休みだからってことで、なぜか
断食してます。
というか始めたところです。
今晩の8時から。
最後のご飯は、玄米ちょろっとと梅干しときゅうりと紫蘇味噌。
今日のお昼ごはんと昨日の晩ご飯も断食準備期間で、玄米ちょろっ
とと梅干しときゅうりと紫蘇味噌と味噌汁でした。食事の支度と片
付けが楽ちんです。
明日からはスイカときゅうりジュースと麦茶で3日間すごす予定
で、日曜にオートミール(サラ)と玄米お粥(自分)で断食明けと
いう感じです。どんなんでしょうかね。誰かやったことある人、
いますか〜?

以前から断食については読んだりしたことがあったのですが、忙し
かったり肉体労働が多かったりするとどうしてもなかなかできずに
いて、忘れていました。パン焼きながらなんて絶対無理だし。
それでここ最近無肥料なんとかと読んでいて、ふとそういえば断
食...と思い出して、どうかなと持ちかけたところ、じゃあやっ
てみようと言うことになりました。

効用は...流行のダイエット、ではなくて、解毒、体内の浄化が
基本的な考えですが、本当のことをいうと3日食べないとどうなる
んだろうという好奇心のほうが大きかったりします。1日だとおな
か減るだけで終わりなので、なんとなく3日になりました。3日4
晩です。これ以上長いと仕事ができなくなりそうだし(草刈と
か)。まあ動いた分の糖分と塩分だけとってればできそうな気もし
ますが。

方法もいろいろあって、水だけとかジュースだけとか違いはありま
すが、固形物をとらないというのが一緒。あとはカロリーの摂取量
(ジュースならかなり糖分あります、麦茶ならなし)と、他に解毒
作用のあるもの(ジュースの種類とか)をとるかどうかが違うよう
です。ジュースもしぼりたての野菜ジュースにはビタミンや酵素が
多く含まれているので、カロリー不足で倒れるなんてことはないみ
たいで、最初はジュース断食がいいみたい。

ついでにかなりでぶちんになってきたスノウも一緒に断食。多分
にゃあにゃあうるさくなると思うので、励まし合いながらがんばります。
posted by pototokitu at 22:43| 岡山 ☀| Comment(0) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

京橋朝市です

まだ真っ暗です。涼しいです。
これから出発するところ。
今日は一日限定で黒豆パン復活です。
暑くなる前に売り切れといきたいところですが、目一杯焼きました。
どうなることでしょう。
では行ってきます〜
posted by pototokitu at 03:58| 岡山 | Comment(2) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

野菜がごろごろ

DSC_2270.jpg

楽しみだったブランディワイントマト収穫しました。
でっかいのがごろごろあります。
ずっしりと重くて、中もつまっててかなり食べ応えありまし
た。2人で一個食べたらトマトだけでおなかいっぱいになるく
らい。
ただ樹のほうが暑さと水不足と肥料不足が重なってしまったうえに
欲張って実もつけすぎてしまって、少し成り疲れてしまったような
ので、この先どれだけとれるかは不明です。むむむ。
さらに皮が薄いので結構裂果しやすくて、まだ熟れていないうちか
ら表面が裂けてしまうのもあって、こういうのはもうソースにする
しかないです。完熟してからとらないと甘みがのらないので難しい
ところです。

DSC_2277.jpg

かぼちゃは3種類植えてどれも結構よくできました。とうもろ
こしの隣に植えたのがよかったかも?
かぼちゃ餡のあんぱんもそのうち作ってみます。
パンプキンパイも食べたいかも。

DSC_2358.jpg

ししとう、ピーマン、ミニトマトなどは最近とれ始めたのですが、
これからも数ヶ月ぐらいざくざくとれます。
去年、一昨年と夏から秋にかけては毎日のように食べてました。栽
培も簡単でほんとに苗数本でも恐ろしいくらいにとれるので、あり
がたいです。
長いししとうは辛くないので沢山食べれるのでお気に入りです。こ
んがり焼いたのを味噌汁に入れるのがうちの定番。
それか刻んで焼き鳥にします。焼き鳥というのは焼き鳥の肉をフラ
イパンでがーっと焼いて、それから刻んだししとうを山のようにい
れて焼いてからたれをかけるというもので、肉はほとんど見えない
にもかかわらずうちで焼き鳥というとこれのことになります。

DSC_2379.jpg

きゅうりはいぼいぼのシャキットという名前のが気に入って毎年育
ててますが、もっぱら塩もみ、酢の物それか味噌つけて食べてます。
気が向いたらカッパ巻きにしたりしますが、うちのカッパ巻きは太
巻きサイズで中身は全部キュウリというカッパの親玉のようなやつです。
それでもだいたいとれすぎて半分以上は堆肥になってしまうのです
が、今年はお客さんに買われて(というよりもらわれて)いくもの
も多いのでよかったです。前はがんばって漬け物にしたりしてまし
たが、とにかく新鮮なのがどんどんとれるので漬け物にしてもほと
んど食べずにかびが生えたりしてたので、生のうちに食べてもらえ
るのがやっぱり一番です。

野菜好きな方、いい季節になってきましたよ〜
posted by pototokitu at 21:21| 岡山 ☀| Comment(0) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

野菜の写真を沢山

DSC_1896.jpg

DSC_1897.jpg
まずは田んぼから2枚。7/5の写真ですが、今は分けつが始
まり、どんどん大きくなっています。

DSC_1936.jpg
へぼジャガイモ。やっぱり種芋にカビが生えてちゃだめですね。秋
ジャガに期待です。紫芋は切ったら中は黄色でした。

DSC_1979.jpg
ブランディワイントマト。やっと赤くなってきました。初収穫まで
あとちょいでしょうか。
待ち遠しいです。

DSC_1994.jpg
こっそり植えてるスイカ。こっそりといいながら3種類も植えました。

DSC_2003.jpg
夏といえばトウモロコシ。屋根より高いトウモロコシ。
沢山作ってパン屋の横にどどーんと積み上げたいです。
とりたては生で食べられます。

DSC_2006.jpg
バジルも沢山植えました。ハーブオニオンフォカッチャに入ってます。
雨が全然降らないので葉っぱが小さいです。水やらねば。

DSC_2014.jpg
バターナッツカボチャ。小振りのカボチャで洋風料理に使いやすいです。
カボチャ類は他にも4種類くらい植えました。いつもとれすぎ
て食べきれないのですが、今年はパン屋の横に山積みになることで
しょう。

DSC_2016.jpg
カラーピーマンとイタリヤナス。まだ小さいのでこれからです。
これとズッキーニとトマトでラタトゥーイってのがそれはそれはも
うたまらないです。
とれだしたらラタトゥーイセットとして売ろうかな。

DSC_2025.jpg
きゅうりの花。アホほどとれてます。ちょっととげが痛いけどおい
しいキュウリ。
キュウリはどこもアホほどとれているようで、パン屋においても誰
も買ってくれません。
沢山あるので漬け物に、と思うけど、この先も生キュウリが毎日の
ようにとれ続けると思うので、漬け物キュウリなぞ食べなさそうです。
このままパンのおまけアイテムになる運命なのでしょうか。

DSC_2066.jpg
なぜか恐竜の足跡のような模様が真ん中に入ったひまわりです。

DSC_2090.jpg
ライ麦脱穀しました。ハーベスター、無事に使えました。
気になる収量は...2kgくらいかな(泣)
発芽不良、その上草に負けました。
ちなみに同じ畑で去年はエゴマが10kg以上とれてます。

DSC_1868.jpg

DSC_1850.jpg
そのエゴマを洗って、乾燥させて、これから油にする予定です。
10kgで2升くらいとれるそうで。うまくできたら小瓶で販売
します。
posted by pototokitu at 23:44| 岡山 ☀| Comment(2) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

ライ麦栽培 収穫が近づいてきました

DSC_1299.jpg


だんだんライ麦が熟れてきました。
去年の冬前に蒔いたのですが、種が古かったせいか発芽が悪くてど
うなるかと思っていたのですが、春になってぐんぐん伸び出して、
一応それらしい穂ができました。さすがに条件の悪いところでもで
きると言われるだけあります。

刈り時の判断が難しいところですが、これから様子を見てバイン
ダーで刈ってから天日干し、それから発掘したハーベスターを使っ
て脱穀という流れで収穫できそうです。それから乾燥させて、でき
た粒は砕いてライ麦パンにブレンドして使う予定です。

今のライ麦パンに使っているものは北海道産の粗挽きライ麦粉です
が、砕いた粒を使っても独特の歯ごたえや風味に貢献するので楽し
みです。自家製粉となると、粉に挽いて篩にかけてと結構労力もか
かるので、自家栽培の粒を活かして使いたいと思っています。ライ
麦を粒のまま炊いたものを練り込んだ食パンや、酸味の強いドイツ
風のライ麦パンに混ぜるなど、少量でも味が分かるような使い方を
していきます。

これで使えるようならば栽培面積もちょっと増やしていきたいとも
思っていますが、果たしてちゃんと使えるかどうか、未知数の部分
が大きいのも確かです。というか面積を増やすとなれば、もう
ちょっとまともに作って粉にもできるくらいの収量を作りたいとい
う気持ちはあるものの、栽培技術もあやふやなので、果たして増産
するだけの価値があるかどうかも微妙なところです。

穀類は育てるのは楽でも収穫後が結構大変なんですね。今までも気
軽な気持ちで雑穀を作ったりして、収穫後がどれだけ大変だったこ
とやら。ハーベスターで脱穀すれば楽でも、手でやるとなると、足
踏脱穀機を出してこれなければならず、これが以外とうまく粒の部
分と分かれなかったりします。穂のまんま粒の中に混ざってる状態
だったりすると、一つずつ手で分ける作業になり、時間ばかりがか
かってちょろっとしかとれないなんてことになります。やっと脱穀
したと思っても、軒下や温室など、きちんと乾燥できる体制ができ
てないと、雨にあたってかびが生えたり、袋に詰めたままでむれて
しまったり、使える状態にするまでの段取りと労力が結構かかるのです。

とにかく今まで数年間あれこれ試して大変な思いをしてきました
が、ハーベスターで脱穀できるというのが非常に楽しみです。

ちなみに雑穀類は今年は、エゴマ、ごま、もちきび、もちあわ、ア
マランサス、それから緑大豆と黒大豆の栽培を予定しています。
posted by pototokitu at 00:23| 岡山 ☔| Comment(2) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

おやどりソーセージフォカッチャ

DSC_1338.jpg



文章、画像だけでなく、動画や音声も配信できるようになりました
が、将来はネットを通じて匂いを送ることはできるのでしょうか。
もしそうなった場合、食べ物関係のネット売上が飛躍的に増加する
であろうことは想像に難くありません。
パソコンの前に座って匂いと絵で白いご飯を食べるというネットウ
ナギやなど出てきたりするのでしょうか。

とにかく匂いを紹介できないのが残念ほどおいしそ〜な匂いのパン
ができました。
うちのパンには近所の山崎農場の卵を使っているのですが、ここの
親鶏はなんとソーセージにもなっています。無添加で普通の鶏肉よ
りも風味が濃いのでパスタにしたりするといいダシが出てすんごく
おいしくて、個人的にも毎週買っているのですが、これをパンに入
れることにしました。
なにやら山崎さんの卵の卸先の大きなところが辞めたようで、それ
でソーセージを大量に作ってもらったそうです。そんなわけで、
ソーセージ消費に協力しましょうということになって、試しに作っ
てみたところ、これがこれがもうおいしくて。

フォカッチャの生地にじっくり炒めたタマネギと刻んだソーセージ
を混ぜただけですが、市販のソーセージを想像すると確実に衝撃を
受けることでしょう。

タマネギは今のところ自家栽培のものを使っているのですが、あま
り沢山作らなかったのでそのうち山崎さんのになるかもしれません。
posted by pototokitu at 11:01| 岡山 ☁| Comment(0) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

うどのみそ汁

実は野菜が少ないのが今の季節の春ですが、代わりにタケノコやら山菜やらが食べられるので、それなりに楽しいのですが。

山崎さんにもらったうど。実はあまり食べたことがないので、どう食べようかと考えていたけど特に思いつかず、先っちょの芽の部分を刻んでから軽く炒めてからみそ汁にいれたらこれがもう!

オイシ〜

なんとも言えない出汁が出て、汁だけでも素晴らしい味で、具を食べてもシャキッとした歯ごたえと軽い酸味があって味噌の味に合うのです。

田舎の味〜という感じです。

うども作ろうかな。
posted by pototokitu at 22:25| 岡山 ☁| Comment(0) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

ミツバチが増えてきました

DSC_0119.jpg


今年はミツバチの飼育も3群に増えて、花の数も多い山崎さんの田
んぼの近くにおいています。
いよいよハチの数も増えてきてそろそろハチミツがしぼれそうに
なってきました。
今月初めに到着したころの倍くらいにはなっているかな?
周りはもう田んぼの菜の花、レンゲ、山には桜に藤と花だらけで一
番いい季節です。
本当はもうちょっと早めにハチの数を増やせておければ、ハチミツ
も今頃はたくさんとれていたはずなのですが、少し出遅れたのでこ
れからです。今年もまた種蜂を注文しなければならなかったのです
が、なんとか冬を越せればもうちょっと早くからできるのだけれ
ど、これが結構難しい。

春はいいけれどまず夏の間が結構問題で、花の数が減るのでえさが
少なく、また暑すぎてハチもぐうたらになり、ますますえさが少な
くなり、数がちょっとずつ減ってゆきます。更には天敵であるスズ
メバチも8月にはいるとうようよしだし、ほとんど巣の外にでてく
ることがないくらいになります。そんなこんなで晩秋までつづき、
冬にはいる頃には数がだいぶ少なくなり、えさも少なくなり、春に
間に合わせるにはそれなりの管理が必要(つまりえさをやったりと
か)になるのですが、いつも時間がなかったり、蜜がとれるわけで
はないので、ちょっと興味が失せてしまってほったらかしになった
りして、冬が過ぎてから後悔するということになるのです。

今年は一応夏の間は遮光ネットみたいなもので日よけを作り、冬も
簡易ハウスをたてて保温しようかと考えているので、ひょっとした
ら来年の今頃はたくさんとれているかもしれません。えさの少ない
冬の間も、12月頃から春まで咲き続ける食用菜の花を大量に植え
る予定だし、巣箱の中もこまめにのぞいて、えさをやったり、いろ
いろ計画は立てているのですが、春先だけ調子のいいことを言うの
は昔のタイガースみたいなもので、結局夏にはほったらかし...
なんてことにならなければよいけれど。

ちなみにえさは基本的に砂糖水、それから卵が孵化してからの子に
やるための花粉が必要になります。砂糖は精製していないほうがよ
いらしいので、一応三温糖、花粉は市販のハチのえさを使います
が、花粉まじりのきなこみたいで結構食べられそうなおいしそうな
匂いがします。

下の写真は山崎さんが植えている菜種(自家用ですが油もしぼりま
す。今年は売れるほどとれるのかな?)
開花したころは長靴くらいの背丈だったのがぐんぐん大きくなって
きます。
これに加えて菜の花農法の菜の花が咲くのは5月いっぱいあり、6
月まで山の花も咲き続けるので結構期待できそうです。

朝市までにしぼれるかも。

販売用の瓶も買わないと〜

(値段は未定です)

P1070608_2.jpg

posted by pototokitu at 23:12| 岡山 ☀| Comment(0) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

コタンのおさかな

DSC_8154.jpg


どうも毎週コタンに配達にいくとついついあれこれ
買ってしまうのですが、配達という「仕事」と私用で
ある「買い物」を同時にすませてしまうというのは、
やはり省エネがもてはやされている現在においては、
ガソリンの節約にもなり、なかなか使える技であると
言えると思うのです。

そういう意味では、楽しく買い物ができるお店、コタ
ンに配達をすることになったというのは、パンが売れ
るということをのぞいたとしても非常にありがたいこ
とでして。

このコタン、ホトトギスのパンが買えるのはもちろん
のこと、他の品もなかなか楽しいのです。

もちろん自然食品店らしく結構値のはるこだわりの調
味料や無添加おやつなどもいろいろあるのですが、豆
腐や納豆なんかは値段もお手頃で毎週買いたくなりま
す。無農薬野菜も安いし、うちであれこれ作ってな
かったら買ってしまいそうです。菜の花80円とか。

さて、タイトルのおさかなですが、コタンには金曜日
に高知市場から干物が届けられてくるようで、土曜日
に配達にいくとパンとバナナの隣にでででんと並んで
います(上の写真とったときは少なかったような)。
その上にせんべいとパスタが並んでたりして、面白い
雰囲気を醸し出していますが、食べてみてびっくり。
どれもうまいんだよ〜オイ。

鮮度でしょうかなんなんでしょうか。よくわからんの
ですが、うまいです。特にXXXが絶品でもうご飯がはか
どるはかどる。今週はかますとたちうおのみりん干し
(だったっけか?)を買ったのですが、お皿からはみ
出したかますの迫力がすごくてもう。

大根おろしを山盛りのっけて食べたらもうご飯がはか
どるはかどる。

みりん干しも味が濃いし食べやすいからまたもうご飯
がはかどるはかどる。

するめもでっかいやつがででんと並んでいるし、定番
のアジや豪華にいこうと思えばタイなんてのもあり、
見るだけで楽しい。

それにしても、干物は自分でさばいて干して作るのが
一番うまい(売ってるのは保存や運搬のために乾きす
ぎてるから、自分で干す場合は干して乾かすというよ
りは太陽で味付けをするように干す)と思っていたの
は、スーパーの干物しか食べられない場合だったから
で、潮風にあたって干された干物はさすがにおいしい
のです。

家で作ろうとなると、やはり一番の問題は天気に左右
されるということで、今日は干物でも作ろうかと冷凍
庫からだして解凍したアジをさばいて塩水にひたして
いると午後になってから曇ったり小雨が降ったりなん
てこともあり、楽しい干物作りのはずが本当に晩のお
かずになるのだろうかなどと余計なストレスを感じて
しまうことも、あったりするのです。さらにはアジの
みりん干しばかり20枚も作ってしまい、最後のほう
にはいい加減飽きてきていやになってしまい、冷凍庫
の奥の方にしまわれることになるようなこともありま
す。

そんな心配をすることもなく、パンの配達をするつい
でに干物まで買えてしまうお店というのは、やはり貴
重な存在であると言わざるを得ないでしょう。もちろ
ん干物や菜の花を買うついでに半額のパンを買ってい
く。こういう庶民の技を使える場所でもあるというこ
ともまたうれしいことです。

でもなんですかな、一つコタン常連客にお願いがある
のですが。

塩サバばっかり買わないでヨ〜
posted by pototokitu at 23:01| 岡山 ☁| Comment(3) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

食べる菜の花

DSC_8557.jpg

今日はまた暑いくらいの天気でした。彼岸前というのになんでこんなに
暑いのか。

たまねぎも芽が出てきて、オニオンフォカッチャはもう作れません。
ダイコンも新聞紙にくるまれたまま芽が出てきました。
じゃがいも、ごぼうなどもそのうち芽が出てくるでしょう。今のうちに
おいしく食べておかなければ。

畑に播いた種もいろいろ発芽してきているのですが、食べられるように
なるまでには1,2ヶ月はかかり、冬の間貯蔵していた野菜は食べられ
なくなり、菜の花三昧の食事生活が続くことになります。

毎年春先は極端に野菜類が少なくなるのですが、この時期に唯一いくら
でも食べれるのが菜の花です。
この時期にしか食べられないといってもいいのですが、とにかく毎日の
ように塩ゆで菜の花を食べていて、コタンで買ったポン酢もあっという
まになくなってゆきます。

菜の花といっても特に食用菜花として売られている種類のほか、基本的
にアブラナ科のものはなんでも食べます。写真に移っているのは、中国
野菜のコウサイタイというやつで、赤い茎がきれいでつぼみが開いたも
のも食べられます。
他に冬から地面にあって固くなっているコマツナや水菜、チンゲンサ
イ、さらには白菜なんかのつぼみもおいしく食べることができます。暑
くなるまでは切っても切ってもどんどん花がでてくるので、食べ放題と
いう状況が続くことになります。

最近気に入っているのが菜の花のちらし寿司で、ポン酢とあえた菜の花
と酢で軽く締めたアジをちらすとうんまいです。こつはゴボウとニンジ
ンがダメになる前に作ることでしょうか。

花見に持って行ければ最高です。重箱がないのでタッパーですが。
posted by pototokitu at 22:55| 岡山 ☁| Comment(0) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

カレーサンド

DSC_8347.jpg

昨日はじゃがいもともらいもののカリフラワーでインドカレーを作った
んですが、お昼は食パンにはさんでサンドイッチにしました。

実はパン屋として焼き始めるまで白い普通の食パンはあまり好きではな
かったのですが、うちで焼いたやつを食べてみてから、ただの「食パ
ン」の魅力を今更発見して驚いているところです。

ジャムぬってもチーズトーストにしても、パン自体が非常にシンプルな
のでとにかく素材がおいしくなるのです。今回のカレーもかなり激辛で
昨日はヒイヒイいいながら食べていたのが、パンの自然な甘みとマッチ
して食べやすかったです。インドカレーはナン!と思っていたけど、た
だの思いこみだったのかもしれないです。

超簡単ジャガイモとカリフラワーのカレー

カリフラワー 適量
じゃがいも 適量
トマト 適量
おろしにんにく 適量
おろししょうが 適量
油 適量
クミンシード 適量
ターメリック 適量
レッドチリパウダー 適量
塩 適量

1 油とクミンシードを鍋に入れて火にかけます。油は多めに。
2 クミンシードからいい香りがでてきたら、刻んだトマト(今
回は缶詰)を加え、更におろしにんにく、しょうが、ターメリック、チ
リパウダー、塩を加えて炒めます。トマトの分量はトマトカレーになら
ない程度。
3 ある程度炒めたら適当に刻んだカリフラワーとじゃがいも
(カリフラワーは大きめ、じゃがいもは小さめに刻む)を加えて、水を
適当に入れて、蓋をして10分ほど煮ます。
4 いもが柔らかくなったら蓋をとって水分を飛ばしてできあが
り。


DSC_8356.jpg
posted by pototokitu at 22:43| 岡山 ☀| Comment(0) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

ある日の晩飯

って今日のことなんだけれど。

ガスコンロを使わずに全てまきたくん(薪ストーブ)を使って作る。といっても今日は余りご飯があるからできただけで、普段は最低ガス炊飯器は使うけれど、冬になってからはほとんどまきたくんの上で料理をするというのが普通になってきて、調理面が2つあるので、だいたいほとんどのことはできる。

ちなみに今日はまず鉄鍋にお湯を沸かしながら、もう一つのほうでは昆布と煮干しでみそ汁の出しをとる。お湯が沸くまでは、庭でとってきたブロッコリーとみそ汁用のネギとあげを切って、ダイコンおろしを作ります。

このブロッコリー、夏に植えて暑さと虫にだいぶやられて秋にはちょろっとしか食べられなかったのが、今になって少し持ち直してきた様子で、ちいちゃいのが何個もでてきてる。今日はゆでたのに海苔と醤油をかけただけ。こういうのがうまい。っていうか塩ゆでだけでもうまいけど。

お湯が沸いたらブロッコリーをゆでて、ゆで終わったら、おととい作った余り物のピリ辛豚ダイコンをあっためる(ちなみに昼ごはんはこのダイコンとご飯と自家製たくあん)。暖まったらこんどは炊飯器の内釜をのせて、ご飯をあっためる。冷やご飯もちょっと水を足してあっためて混ぜれば電子レンジなぞなくても、普通においしく食べられるのです。お米は近所のYさんちの朝日米。今年はうちの田んぼは古代米を作ったので、Yさんのところで田植え、稲刈りといろいろ手伝ってきました。この朝日はコンバイン乗って収穫したぞ〜

とここで薪ストーブの中にオガライト投入。なぜかというと、これが優れもので、薪よりも熱く燃えて長持ちする上に、しばらくすると真っ赤になって備長炭かと思うほどの炭になる。これを長火鉢にとりだして、上でサンマを焼きます。焼き始める前にみそ汁に具とダイコンおろしの汁をいれます。焼いている間はひたすらうちわであおぐ!あおぐ!これを怠るとあっというまにサンマが火に包まれ黒こげになります(実証済み)。

というわけで、今日も無事に晩ご飯を作ることができました。

・サンマの塩焼き
・ブロッコリーの醤油和え
・ネギとあげのみそ汁
・ピリ辛ダイコン
・たくあん

一つ誤算だったのはサンマとブロッコリーがおいしくて、ピリ辛ダイコンがまた余ってしまったこと。もうすでにダイコンがとろとろに...
posted by pototokitu at 23:16| 岡山 ☀| Comment(1) | 食いモンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。